早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 部会紹介 > 美術・歴史鑑賞部会

美術・歴史鑑賞部会


 今後の予定    

・平成29年06月01日(木) 第66回『奈良 西大寺展』/三井記念美術館
                             三井記念美術館入口前 午前10時集合
   案内詳細:こちらをご覧ください。




 実施報告

・平成29年05月10日 第65回『オルセーのナビ派展』/三菱一号館美術館 12名参加    
   自らを「ナビ=預言者」と呼び、前衛的な芸術活動を行ったグループ「ナビ派」。ボナール「庭の
   女性たち格子柄の服を着た女性」を筆頭に、親しみやすい作品等約 70点を展示。オルセー美術館
   の代表的巨匠の作品を鑑賞しました。鑑賞後、館内レストラン「CAFÉ 1894」で昼食をとりまし
   た。(後藤 記)


第65回『オルセーのナビ派展』(スライド4枚)

・平成29年04月26日 第64回『シャセリオー展』/国立西洋美術館 8名参加
   19世紀フランス・ロマン主義の異才シャセリオーのエキゾチシズムな雰囲気を持つ「カバリュス
   嬢の肖像」をはじめ絵画約40点、水彩・素描約30点を鑑賞しました。
   鑑賞後、西洋美術館内のレストラン「CAFÉ すいれん」でパスタランチを食べました。(後藤 記)


第64回『シャセリオー展』(スライド2枚)

・平成29年03月22日 第63回『大エルミタージュ美術館展』/森アーツセンターギャラリー
   11名参加
   エミルタージュ美術館のひときわ質の高い油彩 85 点が出品。16~18 世紀のオールドマスター
   が充実しルネサンス期のティツィアーノ、北方ルネサンスの クラーナハ「林檎の木の下の聖母」、
   ロココ期のヴァトーらの名品を鑑賞しました。
   鑑賞後は、ギャラリー横のカフェエリア『THE SUN』でランチを食べました。(後藤 記)


第63回『大エルミタージュ美術館展』

・平成28年11月30日 第62回『開館75周年記念特別展 円山応挙』/根津美術館 12名参加
   第62回は11月30日(水)に南青山にある根津美術館入口に10時30分集合(参加者12名)で『円山
   応挙−「写生」を超えて−根津美術館 開館75周年記念特別展』を鑑賞しました。
   円山応挙(1733年~ 1795年)は、京都で活躍した日本画の巨匠。近現代の京都画壇にその系統が
   続く「円山派」の祖。写生を重視した親しみやすい画風が特色で、諸説があるが足のない幽霊を
   描き始めた画家と言われている。
   超絶的で多彩なテクニックの「写生」により日本絵画史に革命を起こした画家・円山応挙の作品
   を鑑賞しました。
   美術館近くの古き良き時代のモダンチャイニーズを感じる中華料理(上海料理)のダイニズ・テー
   ブルでランチを堪能しました。 (後藤 記)


第62回『開館75周年記念特別展 円山応挙』(スライド6枚)

・平成28年11月16日 第61回『ゴッホとゴーギャン展』/東京都美術館 11名参加
   第61回は11月16日(水)に上野公園にある東京都美術館入口前に10時集合(参加者11名)で『ゴッホ
   とゴーギャン展』を鑑賞。当日はシルバー・デーにより65歳以上無料となりました。
   フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年~ 1890年)の「パイプをくわえた自画像(ファン・ゴッホ
   美術館)」、「自画像(クレラー=ミュラー美術館)」、「恋する人 ミリエ少尉の像(クレラー=
   ミュラー美術館)」、「ゴーギャンの椅子(ファン・ゴッホ美術館)」。ポール・ゴーギャン(1848
   年~ 1903年)の「夢を見る子供(オードロップゴー美術館)」、「自画像(キンベル美術館)」、
   「タヒチの3人(スコットランド国立美術館)」の名作約60点を鑑賞しました。
   鑑賞後は上野公園内にある旦妃楼飯店でランチコースを食べました。 (後藤 記)


第61回『ゴッホとゴーギャン展』

・平成28年10月12日 第60回『ダリ展』/国立新美術館 12名参加
   第60回は10月12日(水)六本木にある国立新美術館入口に10時集合して、参加者12名『ダリ展』
   を鑑賞しました。
   ダリは20世紀の最も有名な芸術家の一人で、シュルレアリスムを代表する画家であるにとどまらず
   多方面で才能を発揮している。風貌が異様だけでなく絵も奇怪‐‐‐。グニャグニャと曲がった時計等
   で表現する面白さ。ガラ=サルバドール・ダリ財団(スペイン)、国立ソフィア王妃芸術センター
   (スペイン)、サルバドール・ダリ美術館(米)所蔵の約250点の作品が展示されていました。
   「謎めいた要素のある風景」、「キュビスム風の自画像」、「ルイス・ブニュエルの肖像」、「姿
   の見えない眠る人、馬、獅子」、「オーケストラの皮を持った3人の若いシュルレアリストの女
   たち」、「ポルト・リガトの聖母」等が強く印象に残りました。
   昼食は美術館近くの蕎麦屋。芸術と食欲の秋の半日を楽しみました。 (後藤 記)


第60回『ダリ展』

・平成28年06月29日 第59回 特別展『ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像』
   /東京国立博物館 14名参加
   第59回は 6月29日(水)、上野公園にある東京国立博物館正面入口に10時集合で『ほほえみの御仏
   二つの半跏思惟像展』を鑑賞。日韓国交正常化50周年を記念して、韓国国立中央博物館・国宝
   78号「半跏思惟像」(三国時代・6世紀・金銅物)と奈良の中宮寺門跡蔵の国宝「半跏思惟像」(飛鳥
   時代・7世紀・クスノキ)が同時展覧の特別展でした。
   時代半跏思惟像とは左足を踏み下げ、右足をその膝の上に組んで坐り、右手を頬に添えて思案する
   仏像のことで、このような坐り方を半跏と言い、物思いにふける(思惟)ことがその名の由来との
   こと。二体の御仏の美を堪能しました。
   鑑賞後、参加者 14 名は上野精養軒でランチを食べ解散しました。 (後藤 記)


第59回 特別展『ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像』(スライド4枚)

・平成28年05月11日 第58回『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵―ルノワール展』
   /国立新美術館 18名参加
   「フランス近代画家の巨匠、ルノワールの代表作が集結!-世界でも有数のルノワール・コレク
   ションを誇る、オルセー美術館とオランジュリー美術館。 両美術館が所蔵する100点を超える
   絵画、刻や貴重な資料の数々によって画家ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841~1919)
   の全貌に迫ります。」と紹介されている展覧会。


第58回『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵―ルノワール展』

・平成28年02月24日 第57回『すばらしき大原美術館コレクション』/国立新美術館 15名参加
   第57回は2月24日(水)、港区六本木にある国立新美術館正面入口に10時集合で『はじまり、
   美の饗宴展―すばらしき大原美術館コレクション』を鑑賞。大原美術館の代表作品であるエル・
   グレコ(ドメニコス・テオトコプーロス)《受胎告知》はもちろんのこと、ギュスターヴ・
   モロー《雅歌》、フェルディナント・ホドラー《木を伐る人》、ポール・ゴーギャン《かぐわ
   しき大地》や児島虎次郎《和服のベルギーの少女》、青木繁《男の顔》、岸田劉生《童女舞姿》、
   藤田嗣治《舞踏会の前》、安井曾太郎《孫》、梅原龍三郎《竹窓裸婦》等 、数多くの素晴らし
   い作品に感激した一日でした。鑑賞の後は美術館近くにあるイタリアンレストラン「ラ スフォ
   リーナ 」で新参加の奥村さんの自己紹介と招待券寄贈の吉野さんのお話を聞きながらランチを
   食べ解散しました。 (後藤 記)


第57回『すばらしき大原美術館コレクション』

・平成27年11月20日 第56回『春画展』/永青文庫平  9名参加
   第56回は11月20日(金)、参加者9名で文京区目白台にある永青文庫で『春画展』を鑑賞しました。
   菱川師宣 、鈴木春信 、鳥井清長 、喜多川歌麿 、葛飾北斎等の春画作品の多さに驚きました。
   昼食は早稲田大学の食堂でカレーライスを堪能して解散しました。 (後藤 記)

・平成27年11月11日 第55回『プラド美術館展』/三菱一号館美術館 13名参加(目黒)
   第55回は11月11日(水)、丸の内にある三菱一号館美術館入口に10時集合で『プラド美術館展―
   スペイン宮廷美への情熱』を鑑賞。スペイン・マドリードのプラド美術館は15世紀以降、歴代の
   スペイン王たちの情熱と嗜好によって集められた作品群で有名です。スペイン3大画家エル・グレ
   コ「受胎告知」、「エジプトへの逃避」やフランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス「傷を負
   った石工」とエウへニオ・ルーカス・ベラスケス「魔女の夜宴」等の代表的作品を楽しみました。
   その他には、ヒエロニムス・ボス「愚者の石の除去」やベーテル・バウル・ルーベンス「アポロン
   と大蛇ピュトン」が印象に残りました。参加者 13 名で美術館裏のビルにある中華料理店で昼食を
   とり解散しました。 (後藤 記)


第55回『プラド美術館展』

・平成27年10月15日 第54回『マルモッタン・モネ美術館所蔵展』/東京都美術館 16名参加
   第54回は10月15日(木)上野公園にある東京都美術館入口に10時集合で『マルモッタン・モネ美術
   館所蔵モネ展』を鑑賞。特に期間限定の出品作品「印象、日の出」の説明に興味を持たれたモネ
   ファンが多かったのではと思います。
   有名な1874年の展覧会に出品されたタイトル「印象、日の出」の作品が、人々の嘲笑を巻き起こ
   したのは史実である。風刺紙・シャリヴァリの紙上に、ジャーナリスト、ルイ・ルロワの辛辣な
   記事が掲載された。軽蔑的な意味で「印象派の画家たち」という名を与えている。
   作品の前は鑑賞する人で列ができていました。ピエール=オーギュスト・ルノワールの「新聞を
   90点の読むクロード・モネ」、「クロード・モネ夫人の肖像」やクロード・モネの代表作品
   「睡蓮」等名作を鑑賞しました。
   昼食は参加者14名で上野精養軒の名物カレー、ハヤシライスと、芸術と食欲の秋の半日を楽しみ
   ました。 (後藤 記)


第54回『マルモッタン・モネ美術館所蔵展』

・平成27年05月20日 第53回『ルーヴ美術館展―日常を描く』/国立新美術館 13名参加
   第53回は5月20日(水)、六本木にある国立新美術館正門前に10時集合して『ルーヴル美術館展・
   日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』を鑑賞しました。
   17世紀のネーデルラント絵画を代表する画家フェルメール。彼の真作は世界に三十数点しかない
   と言われています。初来日の作品「天文学者」の前には多くの鑑賞者で前に進むのに時間がかかり
   ました。イスラムのハーレムで横たわる裸婦の作品フランソワ・ブーシエ「オダリスタ」やジャン・
   シメオン・ジャルダン「猿の画家」等の見ごたえのある絵画を楽しみました。
   参加者12名で美術館の近くにある雰囲気と味の良いイタリアン「ラ スフォリーナ」でランチを食べ
   解散しました。 (後藤 記)


第53回『ルーヴ美術館展―日常を描く』

・平成27年04月28日 第52回『ダブル・インパクト』/東京芸術大学美館  5名参加
   第52回は4月28日(水)、上野公園にある東京芸術大学美術館入口に10時集合で『ダブル・インパ
   クト―明治ニッポンの美』を鑑賞。「ペリー来航以来の近代史を日米のコレクションで探る」を
   テーマにボストン美術館と東京芸術大学のコレクションで検証する美術展でした。迫力ある小林
   永濯「菅原道真天拝山祷図」や高橋由一「花魁」等の興味深い作品を鑑賞。
   参加者5名で美術館内にあるホテルオークラ運営のカフェ・レストランでカレーライスを食べて
   解散しました。 (後藤 記)

・平成27年04月22日 第51回『ベスト・オブ・ザ・ベスト』/ブリヂストン美術館  9名参加
   名品を集めたブリヂストン美術館は平成27年5月18日から新築工事のために長期休館。
   休館前の最後を飾る特別展覧会。ピカソの新古典主義時代表作「腕を組んですわるサンタバク」
   を筆頭にマネ、ルノワー等の人気名画を160点展示。