早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 部会紹介 > 俳句部会

俳句部会


 定例部会

・開催日   : 毎月第2月曜日
・時間      : 午後2時~5時
・開催場所: 下目黒住区センター


 今後の予定

・平成29年06月12日(月) 定例部会

・平成29年07月10日(月) 定例部会

・平成29年08月             休会

・平成29年09月11日(月) 定例部会

     

 実施報告

・平成29年05月08日(月) 俳句部会    

   第95回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成29年04月10日(月) 俳句部会

   第94回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成29年03月13日(月) 俳句部会

   第93回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成29年02月13日(月) 俳句部会

   第92回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成29年01月09日(月) 俳句部会

   第91回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年12月12日(月) 忘年俳句部会

   第90回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年11月14日(月) 定例部会

   第89回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年10月10日(月) 定例部会

   第88回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年09月12日(月) 定例部会

   第87回 萩句会報告(詳細): ここをクリック
   川井素山        窓拭きのゴンドラ高し秋澄みぬ
   保井寶正        青芒葉ずれの歌の夕まぐれ
   青木英林        朝顔の一期一会や明日も又
   後藤克彦        鬼蜻蜒(おにやんま)神風のごと迫り来る
   佐久間喬        夏草や駆け入るボール封じ込む
   丸山酔宵子     松茸のせめて香を無言館
   菊地崇之        仲秋や母を偲びつ団子食む
   牧野里山        観覧車夕焼けの中に富士望む
   佐久間たか子  年寄りが児らに勝るる秋祭
   佐伯兵庫        青芒挫折乗り切る母子の道
   吉田啓悟        すぎし絵へあゆみをもどす愁思かな
   山本草風        風運ぶ祭囃子の哀しさや
   金森純女        被災地の西瓜食む夜や音もなく
   渡辺鯨波        老猫の軽さ愛しむ終戦日

・平成28年07月11日(月) 定例部会

   第86回 萩句会報告(詳細): ここをクリック
   川井素山        甚平着て豆腐屋までの外出かな
   保井寶正        甚平やワイン片手に棋譜を読む
   青木英林        どじゃう鍋昔馴染の集う宵
   後藤克彦        隙間なく草の天下か梅雨の庭
   佐久間喬        甚平を着るや全てがいいかげん
   丸山酔宵子     天井に乾杯ひびくビヤホール
   菊地崇之        河沿いに寄り添ふじんべ紺絞り
   牧野里山        甚平着て縁台将棋眺めおり
   佐久間たか子  日傘さし猶も日陰を探しをり
   佐伯兵庫        空梅雨や見えるダム底過去の影
   吉田啓悟        雲の峰すくっと立ちて無職なり
   山本草風        田掻馬今は哀しき厩かな
   金森純女        ゴツホてふひまわり届き八重に咲き
   渡辺鯨波        甚平着て悠然とゆくピカソ館

・平成28年06月12日(日) 定例部会

   第85回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年05月09日(月) 定例部会

   第84回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年04月11日(月) 定例部会
   第83回 萩句会報告(詳細): ここをクリック
   川井素山        岬の畝くろぐろと伸び初燕
   保井寶正        初つばめ戻りましたとつつく軒
   青木英林        待ちわびつ春大根の芽かきせり
   後藤克彦        万歩計歩きにじゃまの花見客
   佐久間喬        無縁墓に聞こゆ鐘の音彼岸寒
   丸山酔宵子     うたた寝や覚めて車窓ははなの列
   菊地崇之        春の宵女将造りし夢世界
   牧野里山        若葉どき湖畔の径も耀けり
   佐久間たか子  切通し抜けて陽あびる花吹雪
   佐伯兵庫        花粉症暗き顔立ちなほ暗い
   吉田啓悟        覚めてみる夢もありけり花吹雪
   山本草風        奔り馬気を静めたる朧かな
   金森純女        隅っこの雛忘るるなつばくらめ

・平成28年03月14日(月) 定例部会

   第82回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年02月08日(月) 定例部会

   第81回 萩句会報告(詳細): ここをクリック

・平成28年01月11日(月) 定例部会
   第80回 萩句会報告(詳細): ここをクリック
   川井素山        ガード下背せなだけ見ゆる夜鳴そば
   保井寶正        梵鐘に風花舞うや比叡山
   青木英林        探梅の里に人影見当たらず
   後藤克彦        墨一滴落ちて直しの賀状かな
   佐久間喬        松の内巻きぐせままのカレンダー
   丸山酔宵子     歳重ね何が残るか実万両
   菊地崇之        ママ心七種粥や暖簾下げ
   牧野里山        酉の市熊手の波が行き違ふ
   佐久間たか子  探梅の歩き疲れてふと香る
   佐伯武雄        多言語が飛び交う宵の初詣
   吉田啓悟        津軽では五臓六腑の冬囲
   大山龍海        七十路は雑煮祝いもしみじみと
   山本草風        年の瀬や今年の懺悔墓掃除
   金森純女        主なき小庭包むや木の芽雨

   俳句は17音という制限の中で情景が目に浮かぶように表現する。しかし情景の説明になってはけ
   いない。
   季語によって作者の感じ取った情景をそのまま、あるいはそれ以上に伝えることができる。季語
   の力(連想力)を信じることである。
   また誰もが使っている言葉や言い回しは詩の一ジャンルである俳句の新鮮さを失わせるので嫌わ
   れる。これらは句会での主宰の講評の一部です。
   中原主宰が上記の中で特に良い句として選んだ句は以下の5句ですが 、皆様の評価は如何でしょ
   うか。

   ガード下背だけ見ゆる夜鳴そば。
   梵鐘に風花舞うや比叡山。
   探梅の里に人影見当たらず。
   墨一滴落ちて直しの賀状かな。
   歳重ね何が残るか実万両。

   中原道夫主宰が句の選者をされている「新潟日報」の元日の紙面に寄せられた言葉と句をご紹介
   します。
   『民族闘争、宗教闘争、人間はちっぽけな存在を忘れて次々と悲しみや試練を生み出します。
   ちっぽけな俳句が増々心の拠となって来ています。天災にも強い俳句の避難所(シェルター)を
   今年も。

      獅子舞に喰はせて凡(なみ)の頭なり』


第80回萩句会

・平成27年12月14日(月) 忘年部会

   第79回 萩句会報告: ここをクリック

・平成27年11月09日(月) 定例部会

   第78回 萩句会報告: ここをクリック

・平成27年10月12日(月) 定例部会

   第77回 萩句会報告: ここをクリック

・平成27年09月04日(月) 定例部会

   第76回 萩句会報告: ここをクリック

・平成27年08月10日(月) 定例部会

   第75回 萩句会報告: ここをクリック

・平成27年07月13日(月) 定例部会
   第74回 萩句会報告: ここをクリック

   川井素山        簗打つや岸に「う」の字の旗なびく
   保井寶正        紫陽花の朝一番の交響詩
   青木英林        花火終り人無き浜に波の音
   後藤克彦        先競う赤と黒との蟻の道
   佐久間喬        ビルの谷音だけ聞こゆ揚花火
   永井正孝        梔子の匂ひで案内夕間暮
   丸山酔宵子     噴煙をもろともせずに雲の峰
   菊地崇之        おじぎ草触れてたおやめぶりためす
   牧野里山        鳥が追ふ獲物の先の夕焼かな
   佐久間たか子  朝?ぎのきゅきゅつと泣いて茄子の紺
   佐伯武雄        金魚すくい此の子も母に似て器用
   佐々木彩女     儚さのいつそ際立つ大花火
   吉田啓悟        隙間なく十薬の咲く暗さかな
   大山竜海        揚げ花火老いを蹴散らす浜の宵
   山本草風        父の日や馳走の前に説教かな
   金森純女        夏の峯一足ごとに空見上ぐ
   中山志津久     山裾の谷渡りの木花火咲く


<萩句会の模様>

「兼題」
   毎回の句会終了時に兼題といわれる次回句会の句の題(テーマ)が出題されます。7月の兼題は
   「花火」でした。

「出句」
   萩句会の参加者は兼題を詠んだ句を1句、その他時節に応じた句を 3句、計4句を句会に出句し
   ます。各自 4 枚の短冊に句を書き込み提出します。句会をやむを得ず欠席する場合、句のみを
   投句として提出することができます。

「清記」
   提出された短冊を順不同にして清記用紙とともに 5 枚づつ配り、用紙に書き写してもらいます。
   筆跡で誰の作品か判らないよう短冊の句を別の用紙に書き込むのです。書き込むことにより、
   各句に番号が振られます。

「選句」
   句が清記された用紙をコピーして参加者全員に配ります。部会員全員が出句すると17名×4句=
   68句となるがその中から自分の観点で句を6句選びます。選んだ6句を自分の名前を記した選句
   用紙に記載します。中原主宰もその間選句を行います。

「披講」
   披講とは提出された選句用紙を披講者が読み上げることです。選者の名前を告げ選ばれた6句を
   清記用紙の番号とともに読み上げていきます。参加者は選ばれた句を聞き取り、手元の清記用紙
   コピーの当該句の互選欄に〇印をつけていきます。全員分の披講が終ると、中原主宰が入選句と
   特選句を発表します。互選で全く選ばれなかった句が選ばれることが、しばしば有ります。

「選評」
   中原主宰が互選により選ばれた句、主宰が選んだ句にについて添削や講評を行います。
   旧かな使い、言葉の使い方、季語の意味などは勿論ですが、句に詠まれている情景、場所など
   について主宰の幅広い知識や素養を基に時には皆の笑いを引き出しながら解説があり、句の修正
   などして頂きます。そして、この句はどなたの句ですかと主宰が聞かれ、作者が判明します。
   作者名を知った参加者の反応は「やっぱりそうか」「意外だな」「素晴らしい」などなどです。

「質疑応答」
   時間がある場合には、参加者からの様々な質問に主宰が答えていただけます。

「終了」
   3時間の句会を終える際に次月の萩句会の兼題が主宰より出題されます。

「反省会」
   句会は17時頃終了するので、その後は場所を変え、緊張を解いてなごやかに傾ける杯の味は
   格別です。新しく入られた方もすぐに打ち解けられます。