早稲田大学校友会・東京都23区支部・目黒稲門会のホームページ

ホーム > 部会紹介 > 俳句部会

HP操作説明サイトマップ

俳句部会

定例部会
 ・開催日   : 毎月第2月曜日
 ・時間      : 午後2時~5時
 ・開催場所: 下目黒住区センター ※令和02年2月以前
今後の予定

 ・2021年08月09日(月) 休会
 ・2021年09月13日(月) 定例部会(郵送句会)

実施報告
2021年07月12日 第135回定例部会(郵送句会)    
兼題:「清水・岩清水」「捕虫網」)
 川井素山        捕虫網少年急ぐ秘密場所
 川井素山        磯の香の網戸ぬけくる島の宿
 川井素山        上棟の声こぼれくる梅雨晴間
 川井素山        夏萩のトンネル透けて空青し
 保井寶正        おにぎりに山の馳走の岩清水
 保井寶正        捕虫網子を追ふ父の慈眼かな
 保井寶正        夏の夕ジャズ連弾の駅ピアノ
 保井寶正        心太酢の涼しさを啜りけり
 佐久間喬        朝市や源流といふ山清水
 佐久間喬        一人づつ鎖伝ひて岩清水
 佐久間喬        奥の院蟹の歩める清水かな
 佐久間喬        田草取り首をかしげて道祖神
 丸山酔宵子     ターナーの雲間に漏れる梅雨晴れ間
 丸山酔宵子     冷奴解き放たれる花鰹
 丸山酔宵子     梅雨晴れ間稜線一筆山の郷
 丸山酔宵子     岩壁に手を添へ掬ふ山清水
 吉田啓悟        夏館アンモナイトの化石あり
 吉田啓悟        白シャツになりすもも食ふみつる汁
 吉田啓悟        たつぷりと山の精気を漆掻(うるしかき)
 吉田啓悟        もつともつと旨かつたはず岩清水
 青木英林        水源を探り清水に辿(たど)り着く
 青木英林        見掛けぬ子捕虫網持ち迷子顔
 青木英林        骨酒にイワナの姿蘇へり
 青木英林        磯の香と喉越しの良き心太
 山本草風        回診の医師の白衣の涼しさよ
 山本草風        病床の昼寝邪魔する熱さかな
 山本草風        病院の失なひし時明けやすし
 山本草風        ひとすくいむし歯に沁みる岩清水
 渡辺鯨波        漱ぐ北アルプスの岩清水
 渡辺鯨波        難病を告知する夫冷そうめん
 渡辺鯨波        老いらくの恋に憧れ半夏生
 渡辺鯨波        捕虫網ことさら振つて年少児
 後藤克彦        舌赤く氷菓持つ子ら濃さ競ふ
 後藤克彦        荒梅雨や玄関先に折れし傘
 後藤克彦        耶馬渓の岩岩岩に岩清水
 後藤克彦        岩清水追ひて信濃の長き坂
 原 晶如        手に掬ふ清水は空の匂ひさせ
 原 晶如        弟のなかなか振れぬ捕虫網
 原 晶如        先をゆく影いつまでも白日傘
 原 晶如        青梅雨の懐紙につまむ和三盆
 佐久間たか子  捕虫網遊ばれている子らの声
 佐久間たか子  軒先の子らの手花火雨にゆれ
 佐久間たか子  夕立あと花(こうべ)垂れ静かなり
 佐久間たか子  岩清水木々の(ざわ)めき三重奏
―開閉パネルについて―
   以下の報告では開閉パネルを使用しています。左端の ボタンをクリックすると当該報告
が現れ、ボタンは ボタンに切り替わります。 ボタンをクリックするとパネルは閉じ
られます。
2021年06月14日 第134回定例部会(郵送句会)
兼題:「蛇衣を脱ぐ」「枇杷」)
 川井素山        海の照り傾に集め枇杷熟るる
 川井素山        雨後の風(ろう)居に引きて濃紫陽花
 川井素山        睡蓮の花を分けくる鯉の口
 川井素山        マンションの足場そのまま走り梅雨
 保井寶正        富津の海土産の枇杷に託しけり
 保井寶正        枇杷盛りて白磁の皿やモネ模様
 保井寶正        疾病や人を隔てて梅雨に入る
 保井寶正        卯の花や魔除けのまじな思案の夜
 佐久間喬        妻の留守皿にならびし枇杷の種
 佐久間喬        ワクチンの問診に夏始まれり
 佐久間喬        蛇の衣空き家の主とあからさま
 佐久間喬        独り居や新茶濃く淹れ雨読の日
 丸山酔宵子     竹垣に袈裟懸け揺れる蛇の衣
 丸山酔宵子     目の青い馬面剥の(きも)溶いて
 丸山酔宵子     葉桜になりて落ち着く散歩道
 丸山酔宵子     青空を仰ぐ真白き額の花
 吉田啓悟        青枇杷や二月堂へのつづらをり
 吉田啓悟        物産展木耳(きくらげ)の前パス出来ず
 吉田啓悟        くらべ馬逆走一騎あはれなり
 吉田啓悟        青ひかる来たる真鯖に塩をふる
 青木英林        何処にて蛇衣を脱ぐ夜半かな
 青木英林        袋取りはちきれそうな枇杷を食ふ
 青木英林        ホームレス暮らす傍らかたつむり
 青木英林        らつきよの小皿で踊るカツカレー
 山本草風        病床に蛇の衣おく夢の中
 山本草風        病床で梅雨空見入る寝呆気かな
 山本草風        夏たちて老いの身すがし朝の風呂
 山本草風        夏の朝犬のふぐりを花嗤う
 渡辺鯨波        西行の結びし庵蛇の衣
 渡辺鯨波        言ひ聞かす噓も方便枇杷の種
 渡辺鯨波        野心など決して持つまい雲の峰
 渡辺鯨波        リハビリに四苦八苦する麦の秋
 後藤克彦        荒梅雨の傘打つ音やモダンジャズ
 後藤克彦        枇杷の実の数だけ目立つ空き家かな
 後藤克彦        紫陽花の花の色とりどりで競ふ寺
 後藤克彦        梅雨晴間先を急ぐや蟻の列
 原 晶如        引き出しの奥に宝の蛇の衣
 原 晶如        背表紙の金のたそがれ枇杷熟れる
 原 晶如        梅雨の星机の下に旅鞄
 原 晶如        子の手より母に手渡す雨蛙
 永井正孝        枇杷匂ふ真下に蛇のとぐろまき
 永井正孝        蛇の衣折りたたまれて財布底
 永井正孝        玄関に朝顔市の鉢飾り
 永井正孝        日が暮れて鬼灯市の人の波
 佐久間たか子  石垢(いしあか)を食ふ鮎をフフッ食らうかな
 佐久間たか子  口鉄砲もつと先へと枇杷の種
 佐久間たか子  星あかり藍ますますの紫陽花
 佐久間たか子  蛇の衣青白くゆれいそぎ足
 金森純女        かぶりつきしたたるつゆやひとり枇杷
 金森純女        朝まだき仔をうながすや四十雀
 金森純女        二人分西瓜切り分け持てあまし
 金森純女        風鈴も直立不動くびの汗
 青葉ひかる     植えた枇杷迷信聞きて抜きとる日
 青葉ひかる     紫陽花で思ひ出す君逝くを知る
 青葉ひかる     紫陽花が好きですと言うこの季節
 青葉ひかる     優れるは額紫陽花の濃いブルー

2021年05月10日 第133回定例部会(郵送句会)
兼題:「薄暑」「麦の秋」「雪渓」)
 川井素山        身をほぐす仄かに匂ふ鮎の宿
 川井素山        夏暖簾かたむけ仕舞ふ立飲屋
 川井素山        女車夫化粧気にする薄暑かな
 川井素山        外からも見ゆる品書水羊羹
 保井寶正        ワクチンを打ちて安堵の麦の秋
 保井寶正        芳町の三味の音なずむ夕薄暑
 保井寶正        潮騒のはこぶ浜風夏来たる
 保井寶正        若尼いて匂いつよかり椎若葉
 佐久間喬        雪渓を馳せて下れば風となる
 佐久間喬        球蹴つて球追ふ児等に風光る
 佐久間喬        おにぎりに茹で卵食む風薫る
 佐久間喬        肘ついて浮かばぬ一句春暮るる
 丸山酔宵子     友悼む散骨のこと椿落つ
 丸山酔宵子     はち切れる水玉弾く柿若葉
 丸山酔宵子     オリーブの葉が裏返る薄暑かな
 丸山酔宵子     ネオン消え路地裏晒すおぼろ月
 吉田啓悟        白色の色の強さや更衣
 吉田啓悟        薄暑候丁度いいとの老いた妻
 吉田啓悟        柿若葉飛行機雲のぬける空
 吉田啓悟        いつの間にか将棋の強く子供の日
 青木英林        退院の仕度整ふ街薄暑
 青木英林        雪渓の滴り集め顔拭ふ
 青木英林        屋敷跡奥に(たたず)む桐の花
 青木英林        清流に淀みのありて山女棲む
 山本草風        少年のシャツの汚れに夏きざす
 山本草風        騒めひて大空染める新樹かな
 山本草風        幼子のうぶ毛がひかる薄暑かな
 山本草風        五月来て制服少し乱れをり
 渡辺鯨波        胸底に先の戦争麦の秋
 渡辺鯨波        オカリナの音色かそけき麦の秋
 渡辺鯨波        算数のリモート授業山笑ふ
 渡辺鯨波        ゴールデンウイーク密かに貝になる
 後藤克彦        葉桜の裏でデートの毛虫かな
 後藤克彦        公園の賑わい増ゆる薄暑かな
 後藤克彦        大軍に関所なしやと花筏
 後藤克彦        葱坊主日毎大きな頭なる
 原 晶如        坂のぼる薄暑愉しき江戸ゆくも
 原 晶如        さわさわと風の香ばし麦の秋
 原 晶如        雪渓の溶けゆく今日の始まれり
 原 晶如        鉄線の花は平らに手にあまり
 永井正孝        雪渓に汗滴りて足重し
 永井正孝        麦秋の風ここちよき夕間暮れ
 永井正孝        上着持ち赤信号に汗ばめり
 永井正孝        釣り堀にもろ肌脱ぎが並びをり
 金森純女        なにもかもすてつちまおか薄暑来る
 金森純女        たけのこを切るや離れの庫裏の音
 金森純女        更衣へせぬまま過ぎしふたとせや
 金森純女        茄子苗の紺にじみゆく日暮れかな
 青葉ひかる     半月に寄り添ふ明星麦の秋
 青葉ひかる     春嵐傘をかばひて道すがら
 青葉ひかる     銀ぶらの夏の黄昏小雨かな
 青葉ひかる     小窓打つ雨のささやき紫陽花に

2021年04月12日 第132回定例部会(郵送句会)
兼題:「四月馬鹿」「落し角」
 川井素山        遅き日の暮色さだまる書肆明かり
 川井素山        大川にジュゴンが游ぐ四月馬鹿
 川井素山        持ち帰る旅の手紙や遅桜
 川井素山        人目避けふらここ漕ぎて苦笑ふ
 保井寶正        疑の連鎖フェイクフェイスの万愚節
 保井寶正        巣ごもりて春雷の数かぞへけり
 保井寶正        陸奥の祈りのトーチ花行脚
 保井寶正        バンクシーの哀歓にじむ落し角
 佐久間喬        ままならぬ恋思ひ出す四月馬鹿
 佐久間喬        手術終へ雨やわらか白木蓮
 佐久間喬        落し角を拾ひてさて何にする
 佐久間喬        コロナ禍を悲しむごとく落し角
 丸山酔宵子     恩讐の彼方に流る花筏
 丸山酔宵子     風光るスタンド響く打球音
 丸山酔宵子     地下仏八十八か所花曇り
 丸山酔宵子     火の鳥や池江璃花子のイースター
 吉田啓悟        落し角我が青春の自画像よ
 吉田啓悟        マリアの死だれも知らざる絵踏なり
 吉田啓悟        万愚節嘘の言へない父をふと
 吉田啓悟        飲むための休肝日なり万愚節
 青木英林        万愚節針千本は魚なり
 青木英林        落し角奈良の都は人気(ひとけ)なく
 青木英林        葱坊主一群れに咲き戯れり
 青木英林        一斉に(かはず)の鳴きて通り雨
 山本草風        仲直りきつかけにする四月馬鹿
 山本草風        借景は蒼天と決め桜満つ
 山本草風        妻とわれ初蝶が来る散歩かな
 山本草風        風誘い落花を競ふ桜かな
 渡辺鯨波        パソコンにワクチン打つ四月馬鹿
 渡辺鯨波        自販機と言葉を交はす四月馬鹿
 渡辺鯨波        ミッキーのタップダンスや春埃
 渡辺鯨波        豊満な土偶の乳房春の塵
 後藤克彦        花筏船団の旗ピンク色
 後藤克彦        花屑や靴の底にも残る春
 後藤克彦        花筏先を横切るメダカかな
 後藤克彦        コロナ禍や話すも怖し四月馬鹿
 原 晶如        四月馬鹿誕生日となる双子たち
 原 晶如        角落ちて鹿の眼差しなほ優し
 原 晶如        風船の赤青黄いろ空が好き
 原 晶如        大樹より百囀(ももさえずり)の光かな
 永井正孝        涅槃会の提灯の灯の道案内
 永井正孝        闘鶏の蹴爪に見えるきずのあと
 永井正孝        旗揚げ一斉唱和労働祭
 永井正孝        緊張に一日過ごす四月馬鹿
 佐久間たか子  初出勤背筋のびやか朝燕
 佐久間たか子  花吹雪大仏の裾からめ去る
 佐久間たか子  水温むスワンボートの二人づれ
 佐久間たか子  心満つ出産祝ひの万愚節
 金森純女        角落ちてせんべいねだる目の丸さ
 金森純女        片栗の花やうてなを空へ向け
 金森純女        山笑う最近人が来ないなあ
 金森純女        風光るペダル踏みこむ少女かな
 青葉ひかる     笑ひ声エイプリルフール君いずこ
 青葉ひかる     満開の桜に凍る心かな
 青葉ひかる     散る桜水面に揺れて浮く小舟
 青葉ひかる     散る花のさよなら東京歌に酔ひ


2021年03月08日 第131回定例部会(郵送句会)
兼題:「霾る(つちふる)」「雛まつり」
 川井素山        初花にうつかり抜ける農の庭
 川井素山        茶屋椅子に臀のはみ出す梅盛り
 川井素山        眠る子の面差しやさし雛の燭
 川井素山        学食カレー父と食して卒業す
 保井寶正        妻の帯女雛男雛の命継ぐ
 保井寶正        霾や機列片寄る滑走路
 保井寶正        断捨離は淋しきものよ捨雛
 保井寶正        正座して碁盤ぬぐふや霾ぐもり
 佐久間喬        立雛や召したる衣のロココ調
 佐久間喬        招かぬに不況の街に黄砂降る
 佐久間喬        春寒や絹紡ぐ舎の屋根髙し
 佐久間喬        春兆す土の蠢きひそやかに
 丸山酔宵子     霾るや風の囁き馬頭琴
 丸山酔宵子     参道の鳩飛び立つや春の雨
 丸山酔宵子     黄砂飛ぶコロナ纏めて大気圏
 丸山酔宵子     黄昏てボルサリーノに春の雪
 吉田啓悟        はるうれひ白髪三本お湯にうく
 吉田啓悟        ものの芽や街の息吹のきこえくる
 吉田啓悟        ポストまで絵踏の句と歩きけり
 吉田啓悟        性格の違ふ姉妹やひな祭
 青木英林        フビライの夢今も乗せ霾れる
 青木英林        アラフィフの娘嫁がず雛祭り
 青木英林        のらぼうよ武蔵の野辺を埋め尽くせ
 青木英林        山独活の香り仄かな夕餉かな
 山本草風        振り向けばほとりと一つ落椿
 ;山本草風        朝寝坊布団引きよす余寒かな
 山本草風        初雛を飾りし娘五十なり
 山本草風        永き日や路地に子供の声残る
 渡辺鯨波        黄砂降る地球儀回す抑留者
 渡辺鯨波        霾るや古民家カフェの陶器展
 渡辺鯨波        鬼嫁になる決心や春の闇
 渡辺鯨波        終活に躊躇したまま下萌ゆる
 後藤克彦        花さがし道あてもなく万歩計
 後藤克彦        オンライン画面華やか雛まつり
 後藤克彦        朽ちてなお幹に新芽の桜かな
 後藤克彦        大根の首出し伸びて虫喰らふ
 原 晶如        よなぐもり写真の父は丸眼鏡
 原 晶如        空中に虻とどまれり問いかけり
 原 晶如        公園の中の結界落ち椿
 原 晶如        春の昼ミットに球音嵌りけり
 永井正孝        ?梅の香りをはこび黄砂来る
 永井正孝        春昼や(かしら)こくりと読書せり
 永井正孝        受験生奥の講堂一瞥す
 永井正孝        春筍を近所近辺お裾分け
 佐久間たか子  雛の間の畳ささくれ夕陽さす
 佐久間たか子  霾るや門出の写真細眼なり
 佐久間たか子  風吹いて囃子に踊る吊し雛
 佐久間たか子  ビル街の日輪かすむ黄砂かな
 青葉ひかる     雛まつり夜明けの月の輝きて
 青葉ひかる     膝上の娘と笑顔お雛さま
 青葉ひかる     榊供へ桃の節句の近き知る
 青葉ひかる     沈丁花桃の節句に香り添え
 金森純女        霾や目を閉じ浴びる日の光
 金森純女        春日傘そこだけぬくき心地して
 金森純女        春疾風押されるままに歩くのだ
 金森純女        (小沢信男氏に捧ぐ)
 金森純女        春雨や得難き人の世をさりぬ


2021年02月08日 第130回定例部会(郵送句会)
兼題:「朧月」「盆梅」
 川井素山        盆梅の数へたくなる大き花
 川井素山        縮織さらす野末の雪間かな
 川井素山        籠もり居のなれぬ手料理春寒し
 川井素山        ひと群れの水仙向きを日に揃へ
 保井寶正        ガス燈も柳も煙る朧月
 保井寶正        朧夜や湯浴みの(ひと)の影法師
 保井寶正        春疾風鬼滅の面を吹きさらふ
 保井寶正        盆梅の枝のくねりや花二つ
 佐久間喬        おずおずと靴跡辿る雪の夜
 佐久間喬        朧月淡く入れたる露天風呂
 佐久間喬        露天の湯今日も生きたる朧月
 佐久間喬        灯りつけ香る盆梅据えてあり
 丸山酔宵子     健診で異常なきこと春隣
 丸山酔宵子     節分会鰯の頭齧り付く
 丸山酔宵子     立春の日差しの中をペダル踏む
 丸山酔宵子     床の間に存りし盆梅幾星霜
 吉田啓悟        到来の香箱蟹や熱燗だ
 吉田啓悟        盆梅や湯島界隈坂多し
 吉田啓悟        追伸の一語に春のはじまりぬ
 吉田啓悟        一輪の梅に集ひてみな寡黙
 青木英林        旅先の須磨で眺める朧月
 青木英林        盆梅を床に頬付け見上げけり
 青木英林        下萌を楽しみつつの朝歩き
 青木英林        春火鉢囲み仲間と釣り談義
 山本草風        掻掘りの残りし水に初御空
 山本草風        客見えず用意の年酒一人酔ふ
 山本草風        おみくじを真顔で睨む受験生
 山本草風        花街にてほつと見上げる朧月
 渡辺鯨波        家族葬済ませて作る雪だるま
 渡辺鯨波        瞬く間善人になるちやんちやんこ
 渡辺鯨波        盆梅や遺影微笑む文机
 渡辺鯨波        ピカソの絵逆さまにする朧月
 後藤克彦        臘梅や香り嗅ぐ鼻ピクピクと
 後藤克彦        短日や人影伸びし鉄飛坂
 後藤克彦        羊羹の一本重い寒見舞い
 後藤克彦        盆梅の三輪咲いて披露かな
 原 晶如        徒長枝の蕾押し合ふ盆の梅
 原 晶如        緑濃き棕櫚(しゅろ)の葉かざす寒の明け
 原 晶如        心音も耳石もあづけ朧月
 原 晶如        ビニールに尖る雨脚凍み返る
 永井正孝        春筍が落ち葉を掲げて物見せり
 永井正孝        梅が香が標となりて道案内
 永井正孝        水仙の喇叭手並びて構えおり
 永井正孝        朧夜に我さ迷ひて物思ふ
 佐久間たか子  峰々に緑朱の輪観ゆ朧月
 佐久間たか子  感動の魔笛のアリア朧月
 佐久間たか子  梅の香や一雨に増しかじかむ手
 佐久間たか子  盆梅に苔に紅さし陽の落つる
 金森純女        ほたるいか目玉はえらくかたいんだ
 金森純女        ひとけなき花屋の外に黄水仙
 金森純女        気の早き春一番の駆け抜けり
 金森純女        盆梅や吹きつさらしの路地に咲き
 青葉ひかる     真相は隠れ蓑つけ朧月
 青葉ひかる     梅一輪哀しき香り道連れに
 青葉ひかる     罪深き憎悪に刺され春嵐
 青葉ひかる     ビルの間の雪の大富士迫りくる


2021年01月11日 第129回定例部会(郵送句会)
兼題:「雪だるま」「薄氷(うすらい)」
 川井素山        隠沼の薄氷はなつ反射光
 保井寶正        けふの顔やや不機嫌な雪だるま
 佐久間喬        月あかり雪に埋もれし雪だるま
 丸山酔宵子     薄氷や使用禁止の手水鉢
 吉田啓悟        薄氷や寄り道は光にもあり
 青木英林        渋滞を横で眺める雪だるま
 山本草風        聴診器不安聴きとる師走かな
 渡辺鯨波        イケメンの雪だるまから溶けてゆ
 後藤克彦        断捨離の空き箱残る年の暮
 原 晶如        太き眉もらひ肥満の雪だるま
 永井正孝        薄氷の鉢に浮かびてキラキラと
 佐久間たか子  一瞬の河豚刺(てつさ)の皿を箸が行く
 青葉ひかる     シンシンと雪だるまさん頭だけ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2020年12月14日 第128回定例部会(郵送句会)
兼題:「闇鍋」「羽子板市」
 川井素山        エビ鯛の企みばるる闇夜汁
 保井寶正        闇鍋やジビエの命さずかりぬ
 佐久間喬        打ち返すコロナの羽子や羽子板市
 丸山酔宵子     爽やかに映える水面の棚田かな
 吉田啓悟        手を包みたき人も居て闇の汁
 青木英林        闇鍋は青春時代振られし夜
 山本草風        病院の長き待合十二月
 渡辺鯨波        羽子板市暮れて輝く団十郎
 後藤克彦        蓑虫や住めば都の軒の下
 原 晶如        海老蔵の睨みと決めて羽子板市
 永井正孝        羽子板に世相の動き読み取れり
 佐久間たか子  植木屋の小気味よき音師走かな
 金森純女        テレワーク独り居る家暮早し
 青葉ひかる     新しきひかり迎え打つ羽子板市

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2020年11月12日 第127回定例部会(郵送句会)
兼題:「霜」「さざんか」
 川井素山        渡し舟一夜の霜のしずく跡
 保井寶正        霜晴れや和服にしやれて黒長靴
 佐久間喬        峰の星比叡の寺に霜きびし
 丸山酔宵子     風もなし音も聞こえぬ霜の声
 吉田啓悟        水澄みて心の奥の奥へ行く
 青木英林        さざんかの垣根挟んで隠れん坊
 山本草風        早霜や季節二つに分けるかな
 渡辺鯨波        山茶花や幼児らの乗るリヤカー行く
 後藤克彦        三蜜を避けて並ぶや菊人形
 原 晶如        御浚ひの能楽堂に霜の朝
 佐久間たか子  小春日に墓石みがきて春の如

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2020年10月12日 第126回定例部会(郵送句会)
兼題:威銃(おどしづつ)
 川井素山        艀洗ふ漢見送る帰燕かな
 保井寶正        威銃銃口さげる昼下がり
 佐久間喬        コロナ禍のさりげなきごと虫すだく
 丸山酔宵子     威銃浅間の煙揺らめいて
 吉田啓悟        威銃忘れた頃に撃ちゐたり
 青木英林        山里の目覚まし時計威し銃
 山本草風        風さへも茜に染める秋夕陽
 渡辺鯨波        六地蔵泰然自若威銃
 後藤克彦        空蝉も空き家守りのガードマン
 永井正孝        坂道の雨細やかにシヤガの花
 原 晶如        見下ろせるダム湖に間遠威銃
 佐久間たか子  赤い羽根さす指優しく風の吹く
 金森純女        威し銃気にせぬ猿の飛び歩く
 青葉ひかる     輝きし黄金の波威銃
 全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2020年03月~09月の部会はコロナ禍のため休会
 川井素山        艀洗ふ漢見送る帰燕かな
 保井寶正        威銃銃口さげる昼下がり
 佐久間喬        コロナ禍のさりげなきごと虫すだく
 丸山酔宵子     威銃浅間の煙揺らめいて
 吉田啓悟        威銃忘れた頃に撃ちゐたり
 青木英林        山里の目覚まし時計威し銃
 山本草風        風さへも茜に染める秋夕陽
 渡辺鯨波        六地蔵泰然自若威銃
 後藤克彦        空蝉も空き家守りのガードマン
 永井正孝        坂道の雨細やかにシヤガの花
 原 晶如        見下ろせるダム湖に間遠威銃
 佐久間たか子  赤い羽根さす指優しく風の吹く
 金森純女        威し銃気にせぬ猿の飛び歩く
 青葉ひかる     輝きし黄金の波威銃

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

★目黒稲門会設立20周年記念作品展出句★
兼題:
 中原道夫        光明の洩れくる?の穴刻む
 川井素山        遠山を染める夕日や寒天干す
 保井寶正        梵鐘に風花舞ふや比叡山
 佐久間喬        令和の子一人加ふる祝箸
 後藤克彦        鮟鱇や不気味な顔に手鉤穴
 永井正孝        賀状一片故郷の友は元気なり
 青木英林        霜柱蹴散らす時は子に戻る
 吉田啓悟        江戸風鈴かなたより風かげりくる
 丸山酔宵子     凍星やトランペットにひとしずく
 渡辺鯨波        春の塵手塚治虫のベレー帽
 山本草風        新走一気に臓腑駆け抜ける
 佐久間たか子  邪気さりし星あおあおと追儺かな
 原 晶如        柔らかに結ぶ手のひら雪婆
 金森純女        窓辺には手のひらほどの鏡餅
 青葉ひかる     初春のピアノの音色心澄む


目黒稲門会設立20周年記念作品展出句


2020年02月10日 第125回定例部会
兼題:春光
 川井素山        帆引網水より淡き白魚かな
 保井寶正        侘助をワイングラスに投げ活けよ
 佐久間喬        春立てりコロンの香る美術館
 丸山酔宵子     春光やグラスの泡とめどなく
 吉田啓悟        地に触るるばかりに春を待つ柳
 青木英林        松明に和布刈神事の浮かびおり
 山本草風        競走馬尻に汗して風光る
 渡辺鯨波        春光やピザの宅配猛スピード
 後藤克彦        節分や掌に乗り切れぬ豆の数
 永井正孝        春光の土手掛け上がり深呼吸
 原 晶如        石積みへ波は春光砕きつつ
 佐久間たか子  春光やジャンボ機の腹仰ぎ見る
 金森純女        梅よりも梅ヶ枝餅の香ばしき

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2020年01月13日 第124回定例部会
兼題:氷柱(つらら)
 川井素山        江戸前の銀鱗はねる漁始
 保井寶正        独楽のごと柚子湯の柚子を廻しけり
 佐久間喬        令和の子一人加ふる祝箸
 丸山酔宵子     湯豆腐や拍子木の音遠ざかり
 吉田啓悟        バシバシと警策の音氷柱落つ
 青木英林        期末試験オリオンおわす夜空には
 山本草風        暁闇を白く染めゆく淑気かな
 渡辺鯨波        恙なく平凡に生き根深汁
 後藤克彦        冬帽子置きて予約の席とする
 永井正孝        年神とおかざり並ぶピアノうえ
 原 晶如        その声に元気をもらふ寒稽古
 佐久間たか子  昼暗き熊野中辺路風冴ゆる
 金森純女        初硯かほりしづかに部屋に満つ
 青葉ひかる     突き刺して心の氷柱砕けよと

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2019年12月09日 第123回定例部会
兼題:年末賞与
 川井素山        躓けば影もよろける鎌鼬
 保井寶正        熱戦に懐炉も熱きラグビー場
 佐久間喬        ささやかにケーキ切り分く冬賞与
 丸山酔宵子     黒塀や門にひとひら柿落葉
 吉田啓悟        エイヤッと布団けつて始まる日
 青木英林        年越しの蕎麦打つ腕は衰へず
 山本草風        裏路地の舞妓走らす初時雨
 渡辺鯨波        十二月八日頭痛腰痛不明熱
 後藤克彦        手袋をさがす苛立ち年の暮
 永井正孝        年忘れ探すふところ下足札
 原 晶如        賑はいの市に鯛焼うつろな眼
 金森純女        冬晴れや路地裏駆けるランドセル
 青葉ひかる     山茶花の(うたげ)盛会にて安堵

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2019年11月11日 第122回定例部会
兼題:末枯(うらがれ))
 川井素山        新海苔や便り代わりの潮香り
 保井寶正        柿落葉さくら落葉の夕べかな
 佐久間喬        末枯れて森の静寂ひとしほに
 丸山酔宵子     ぬくもりを指でひと押し衣被
 吉田啓悟        こころにも末枯るるものありにけり
 青木英林        いずもへと八百万(やおろず)の道神の旅
 山本草風        名ある草名もなき草も末枯るる
 佐久間たか子  即位の日家族揃つておでん鍋
 渡辺鯨波        末枯れや生涯通すナルシスト
 後藤克彦        鯖雲や太公望の竿多し
 永井正孝        白萩のみだれ合ふ道急ぎ行く
 原 晶如        末枯れやダム湖の碧深まりぬ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年10月14日 第121回定例部会
兼題:良夜
 川井素山        新蕎麦や暮るる墨田の船明かり
 保井寶正        お台場の砂場に立てば秋の声
 佐久間喬        みどり児の泣き足り眠る良夜かな
 丸山酔宵子     紅葉濃し山へと続く登窯
 吉田啓悟        舟底に川の音聞く良夜かな
 青木英林        秋の暮古戦場には人気(ひとけ)なし
 山本草風        良夜かな鼠が走る田舎宿
 佐久間たか子  青き空一途に昇る蔦もみじ
 渡辺鯨波        あちこちに付箋をつける良夜かな
 後藤克彦        ほろ酔いの足元照らす良夜かな
 永井正孝        木の影が主役を演ず良夜かな
 原 晶如        チエロ抱いて階段上る秋出水
 金森純女        小雀や野分に乗りて流れけり

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年09月09日 第120回定例部会
兼題:?の贄
 川井素山        民宿の五右衛門風呂や鉦叩
 保井寶正        墨堤の月見舟追ふ月をみる
 佐久間喬        万歳で果てたる蛙?の贄
 丸山酔宵子     誰を問ふ東京裁判?の贄
 吉田啓悟        指揮棒の先より秋の広がりぬ
 青木英林        落鮎や簗に捕まり腹見せて
 山本草風        兵児帯が少し高めか初浴衣
 菊地崇之        風の盆こころ踊らむ巡り逢
 佐久間たか子  動く眼やさされしばかり?の贄
 渡辺鯨波        余命など知らぬ存ぜぬ?の贄
 後藤克彦        読経に朝から負けじ蝉の声
 永井正孝        鉄線花鉄条網の爪隠す
 原 晶如        晒されて暮るるがままに?の贄
 青葉ひかる     白い馬にまたがつてくる秋の風

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年07月08日 第119回定例部会
兼題:山開き
 川井素山        秘境の宿夏炉を飾る串料理
 保井寶正        山開き融通無碍な山の神
 佐久間喬        法螺貝に(かしこ)まりゐる山開
 丸山酔宵子     雲切れてピッケル光る山開
 吉田啓悟        先ず以つて男の咽せるところてん
 青木英林        街はまだ宵の賑はひ夏の月
 山本草風        梅雨晴間空の広さに変はりなし
 渡辺鯨波        山開き冨士見坂より礼拝す
 後藤克彦        梅雨晴間そつと目開く磨崖仏
 永井正孝        鬼灯市功徳信じてあがなえり
 原 晶如        フルートの銀の涼風五指十指
 金森純女        羅のうなじは白き夕まぐれ
 青葉ひかる     豪邸の古家に染みるアカンサス

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年06月10日 第118回定例部会
兼題:枇杷、当季泳題
 川井素山        潮風の傾に枇杷の熟れにけり
 保井寶正        寺の桶家名うすれし夏書(げがき)かな
 佐久間喬        嬰児(みどりご)の泣き声透る梅雨晴間
 丸山酔宵子     ストレスをつまみに呑むか走り梅雨
 菊地崇之        一房の枇杷の(おもて))に母映る
 吉田啓悟        房総の誘ふ枇杷狩り即決す
 青木英林        黒南風や潮騒の音ここまでも
 山本草風        茹でたての卵剥く如枇杷食べる
 渡辺鯨波        枇杷たわわ潜伏キリシタンの里
 後藤克彦        雨続きいつしか伸びし余り苗
 永井正孝        枇杷の実の青大将が護りおり
 佐久間たか子  初枇杷の雨音になほ匂ふかな
 原 晶如        母になる娘は母にカーネーション
 青葉ひかる     枇杷の木を移し行く末安堵か

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年05月13日 第117回定例部会
兼題:雪渓、当季泳題
 川井素山        雪渓を仰ぐボッカの歩みかな
 保井寶正        雪渓や群青の瀬に溢れ落つ
 佐久間喬        雪渓のおぼろに光る夜明け前
 丸山酔宵子     石垣を雪崩色増す芝桜
 菊地崇之        湯を渡る老鶯の声地獄谷
 吉田啓悟        一瞬の影置き去りに目高消ゆ
 青木英林        菖蒲湯に浸かる喜び齢喜寿
 山本草風        雪渓に過ぎゆく時の残りけり
 渡辺鯨波        夏燕鞄に自動通訳機
 後藤克彦        知らぬ間に空き家華やぐ花いばら
 永井正孝        飛び翔ける模型複葉夏河原
 金森純女        これやこの雨に濡れにし燕子花
 佐久間たか子  薫風に誘われそして遠くまで
 原 晶如        蚕豆のやうな足裏を並べたる
 青葉ひかる     感情の納めどころか雪渓に

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年04月08日 第116回定例部会
兼題:燕、当季泳題
 川井素山        都会の?探がす燕のパスワード
 保井寶正        ひやひやと桜隠しの岨の風
 佐久間喬        花冷えや待合の椅子浅く掛け
 丸山酔宵子     山門をくぐり燕は仁王門
 菊地崇之        瞬くや軒の燕ぞ昭和なり
 吉田啓悟        のどかなるものに赤べこ牛のかほ
 青木英林        あめんぼう自由気儘に軌跡描き
 山本草風        中空に鳴き声おいて落雲雀
 渡辺鯨波        春の塵手塚治虫のベレー帽
 後藤克彦        春耕や畝ひと筋に力尽き
 永井正孝        目刺し焼く夕暮れ長くなりにけり
 金森純女        池を打つ雨に紅梅色散らす
 佐久間たか子  何か見ゆ地蔵のほほに春の風
 青葉ひかる     散る里に燕来たりて頬に風

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年03月11日 第115回定例部会
兼題:卒業、卒業期、当季泳題
 川井素山        春灯をつれて影引く屋形船
 保井寶正        唐橋や瀬田の夕照(せきしょう)蜆舟
 佐久間喬        春愁や手術告げられ昨日今日
 丸山酔宵子     古希迎へ飲み打つ買ふは卒業す
 菊地崇之        啓蟄や我暁に床の中
 吉田啓悟        陽炎を若き日の妻やつて来る
 青木英林        壺焼きの匂ひに呼応腹の虫
 山本草風        黒瓦烏滑らす春の霜
 渡辺鯨波        級長は悪童のまま卒業す
 原 晶如        春北風(きた)の波に連山乗りにけり
 後藤克彦        辛子菜の刺激求むる病上がり
 永井正孝        枝落しそろう垣根に風光る
 金森純女        池を打つ雨に紅梅色散らす
 澁谷瑠璃        永遠(とは)なんて無いと教える卒業期
 佐久間たか子  初蝶の心もとない巣立ちかな
 青葉ひかる     卒業式大正モダンの袴ブーツ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年02月11日 第114回定例部会
兼題:山焼き、当季泳題
 川井素山        和菓子屋の幟あたらし春きざす
 保井寶正        白梅や滲じむ薄墨五彩あり
 佐久間喬        冬満月山の白さをみがき上げ
 丸山酔宵子     咲き満つる紅梅(うめ)の隙間の深空(みそら)かな
 菊地崇之        湯気たちぬ香り愛でにし菊菜かな
 吉田啓悟        探梅や席をゆづられ青梅線
 青木英林        あちこちを勢子が走りて山火始まる
 山本草風        山焼の煙が(いぶ)す青い空
 渡辺鯨波        啓蟄や百寿の父の笑ひじわ
 原 晶如        藁蛇の辻切る眼玉春の雪
 後藤克彦        雪吊を外れし縄に残り雪
 永井正孝        山焼きの煙斜面を這い登る
 金森純女        まんさくの咲いてほのかにぬくくなり
 澁谷瑠璃        (かじか)めば皆平等に無力かな
 青葉ひかる     山焼に熱き心のうねりかな
 佐久間たか子  白梅に紅梅重ね織をなす
 石川智子        針供養祖母の縫いかけ見つけたり

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2019年01月14日 第113回定例部会
兼題:松取れて、当季泳題
 川井素山        はち切れる袋に覗く破魔矢かな
 保井寶正        書初めに乱と大きく墨しけり
 佐久間喬        松取れて洗濯物の白さ映ゆ
 丸山酔宵子     湯豆腐や拍子木の音遠のひて
 菊地崇之        邸宅街スーツ姿の松納め
 吉田啓悟        松納夢のひとつを片付ける
 青木英林        雪吊や雪待つ縄の遊びかな
 山本草風        大言ののちに悔いあり屠蘇の酔
 渡辺鯨波        松取れて路地の奥よりサキソフォン
 原 晶如        松とれて浜に鳶の大滑空
 後藤克彦        減塩の残り御節や老いの春
 永井正孝        寒空に笛吹きあはす冬木立
 金森純女        校庭に日差しのありて淑気満つ
 澁谷瑠璃        手作りの門松取られ名残惜し
 青葉ひかる     松とれて更に陽光のまぶしさよ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年12月10日 第112回定例部会
兼題:数へ日、当季泳題
 川井素山        客待ちの車夫も欠伸の小春かな
 保井寶正        数へ日の一夜(ひとよ)遺言加筆せり
 佐久間喬        それぞれの音に顔あり虎落(もがり)(ぶえ)
 丸山酔宵子     雪吊や円錐の先髷を結ふ
 菊地崇之        数え日や妻と我との差は如何に
 吉田啓悟        顔洗ひさつとひと拭き冬を知る
 青木英林        図書館の静けさ破る咳一つ
 山本草風        妻病みて慣れぬ買物冬ざるる
 佐久間たか子  小春日にひと駅歩く線路ぞい
 渡辺鯨波        数へ日や丹念に読む訃報欄
 原 晶如        柔らかに結ぶ手のひら雪婆
 後藤克彦        鮟鱇や不気味な顔に手鉤穴
 永井正孝        数え日ややや足早の?華街
 金森純女        猿山に動くものなし初時雨

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年11月12日 第111回定例部会
兼題:白鳥、当季泳題
 川井素山        遠嶺やいく夜星見る懸大根
 保井寶正        千里きて千の白鳥声そろふ
 佐久間喬        抜け道の角を曲がれば金木犀
 丸山酔宵子     新米の湯気をおかずに箸すすむ
 菊地崇之        時雨忌や心は旅し意は虚ろ
 吉田啓悟        うそ寒や体温計を振り直す
 青木英林        小春日や碁盤を抱へ縁側へ
 山本草風        小白鳥塑像になりて餌をまつ
 佐久間たか子  風にのる紙飛行機か朴落葉
 渡辺鯨波        白鳥の軍団と会うラグビー部
 原 晶如        白鳥のつぎつぎに着く足反らし
 後藤克彦        銀杏ちり黄色の道や隙間なし
 永井正孝        白鳥の声降る空に口をあけ
 澁谷瑠璃        裏の顔月に(なら)ひて見せぬまじ
 金森純女        うすぐらき厨の隅の海鼠かな

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年10月08日 第110回定例部会
兼題:硯洗う、洗硯、当季泳題
 川井素山        腰たたかれ終る指圧やそぞろ寒
 保井寶正        洗硯や万葉かなのけそうぶみ
 佐久間喬        世は無常流るるのみや秋の水
 丸山酔宵子     倒木が鳥居を塞ぐ野分あと
 菊地崇之        枯尾花偉人を騙る私小説
 吉田啓悟        風に乗り夕陽に溶ける赤とんぼ
 青木英林        鈴生りに土の香りや落花生
 山本草風        新走り一気に臓腑駆け抜ける
 佐久間たか子  掃苔や溜息ひとつ雲いつぺん
 渡辺鯨波        洗硯や納戸に古りし水滸伝
 原 晶如        大楠の匂ひてこほろぎ月夜かな
 後藤克彦        高層の窓に泳ぐや鰯雲
 永井正孝        硯洗ふ墨の匂ひに我浸る
 青葉ひかる     散る椿愛しさに堪え忍ぶ恋

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年09月10日 第109回定例部会
兼題:秋の蚊、当季泳題
 川井素山        民宿の金目煮つけや遠花火
 保井寶正        百歳を想いえがきつ菊の酒
 佐久間喬        秋の蚊や車内に潜みひと騒ぎ
 丸山酔宵子     オリーブの葉がキラキラと雲の峰
 菊地崇之        星降りて虫の音透ける平泉
 吉田啓悟        連日の歯をむき迫る残暑なり
 青木英林        蕎麦の花空一面の雲の群れ
 山本草風        我が歳に父は冥界夕端居
 佐伯兵庫        無駄遣いうるさき妻のいぬ夜長
 佐久間たか子  秋めくや心地良き夜具山の朝
 渡辺鯨波        夕端居埴輪のように微睡みぬ
 澁谷瑠璃        熱視線避く為だけのサングラス
 原 晶如        秋の蚊の残る執念痛痒き
 後藤克彦        欲深の願い流すや天の川
 永井正孝        秋の蚊の元気に我刺す酷暑かな
 青葉ひかる     白い秋逢いたし君は黄泉のくに

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年07月09日 第108回定例部会
兼題:行水、当季泳題
 川井素山        夕凪や網ぬふ漁夫の鼻眼鏡
 保井寶正        枝豆や忖度いらぬ塩加減
 佐久間喬        木漏れ日に預ける心ハンモック
 丸山酔宵子     黒潮に乗った鰹は塩で喰ふ
 菊地崇之        雨期急過(すぎぬ)街に見掛ぬ散水車
 吉田啓悟        ひとすじの光さし込む風炉手前
 青木英林        夕凪や浜に鴎の微動だに
 山本草風        行水や白き背中に星点る
 佐伯兵庫        行水の形で流す狭ひ庭
 佐久間たか子  日の盛りむなしく響く信号音
 渡辺鯨波        行水の子にほんのりと手術痕
 澁谷瑠璃        走馬灯何回転の命かな
 原 晶如        持ち帰る四万六千日の夕日
 後藤克彦        トタン屋根雨打つ音や半夏生
 永井正孝        シャワー浴び試合の流れ噛み締める
 青葉ひかる     レマン湖とブドウ畑とレモン水

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年06月11日 第107回定例部会
兼題:黴、当季泳題
 川井素山        片足立ちこつそり試す夏野かな
 保井寶正        黴の香やわが青春の?悔録
 佐久間喬        古書の街空気重たし梅雨に入る
 丸山酔宵子     かびの香や篝酒庫(カーヴ)の迷路幾重にも
 菊地崇之        夫婦合沢庵漬も黴のはな
 吉田啓悟        とどまれる雨のひと粒あやめぐさ
 青木英林        十薬の蔓延(はびこ)る庭や老夫婦
 山本草風        長雨や五月の足を縛るごと
 佐伯兵庫        彩つくしインスタ映えのかき氷
 佐久間たか子  弦楽の響きのこりて梅雨の月
 渡辺鯨波        落柿舎の来歴を読む夏帽子
 澁谷瑠璃        この街も箱庭なのと気付いた日
 原   晶如        節々のみなぎる力今年竹
 永井正孝        靴の黴思ひ出したる宮仕え
 青葉ひかる     旅立ちの荷造りはずむ初夏の風

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年05月14日 第106回定例部会
兼題:菖蒲湯、当季泳題
 川井素山        行く春の空を捕らへる棚田かな
 保井寶正        夏菊や押し花帳の縦を占め
 佐久間喬        菖蒲湯の由来問ふ子と長湯せり
 後藤克彦        水満ちて蛙のジャズに聞きいるる
 丸山酔宵子     菖蒲湯や桶音響く一番湯
 菊地崇之        柏餅朝日まぶしや医師恐し
 吉田啓悟        朝日さし柿若葉艶いちだんと
 山本草風        菖蒲湯に長く浸りて老い流す
 佐伯兵庫        別の駅帰るふたりや春寒し
 佐久間たか子   灯火(あかり)消し()()みるまで菖蒲湯に
 渡辺鯨波        公園に老人あふれ子供の日
 金森純女        女滝ゆえゆるゆると岩穿ちけり
 澁谷瑠璃        夜光虫昨日落としたイヤリング
 原   晶如        ナビにない道を走りて麦の秋
 永井正孝        塀越しに己を主張白つつじ
 青葉ひかる     どん底に落し入れられ氷雨降る

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年04月09日 第105回定例部会
兼題:落角、当季泳題
 川井素山        巣立つ娘の言葉少なき夕餉かな
 保井寶正        角落ちて暫し夢見る涅槃かな
 佐久間喬        墨堤に乾杯の声風光る
 後藤克彦        父植えし枝垂れ桜や我も老ゆ
 丸山酔宵子     角落とし群れを離れる男鹿かな
 菊地崇之        春灯や眠りへ誘ふ語りの会
 吉田啓悟        天気雨海市をみんと旅に出る
 青木英林        子供等が釈迦に説法灌仏会
 山本草風        夕暮に梵鐘響く花の雨
 佐伯兵庫        粧し込み自撮りに夢中木の芽時
 佐久間たか子  水の音に風の語りて山笑う
 渡辺鯨波        角落ちて芸人のごと鹿の貌
 金森純女        落し角肩寄せ合える若き鹿
 澁谷瑠璃        角落ちて立派を競ふ意味も無し
 原   晶如        草上のはなし弾みし落し角
 永井正孝        闘鶏の蹴爪の技を栄はやしたて
 青葉ひかる     どの道も茨に満ちて春の別れ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年03月12日 第104回定例部会
兼題:干潟、当季泳題
 川井素山        捨てられぬ妻の繪手紙花ミモザ
 保井寶正        満ちる時逢瀬の別れ汐干潟
 佐久間喬        杉の花マスク美人を生み出せり
 後藤克彦        雪達磨雪間に覗くポストかな
 丸山酔宵子     熱つづき気怠(けだる)き夜や蜆汁
 菊地崇之        有明の豊な干潟乾上りぬ
 吉田啓悟        干潟の朝わが足跡が最初なり
 青木英林        干潟には進化の遅きもの集ふ
 山本草風        海底うなそこの命煌きらめく大干潟
 佐伯兵庫        種を蒔く採用通知待つごとく
 佐久間たか子   潮干狩雲一片(いっぺん)に深呼吸
 渡辺鯨波        大干潟生き物係連れてゆく
 金森純女        耳赤き少女駆け行く初音かな
 澁谷瑠璃        たんぽぽの絮より先に旅に出る
 原   晶如        恙なきさんてんいちいち囀れり
 永井正孝        春寒し夜明けの床に寝返りす
 青葉ひかる     永らへし虚飾の日々に春嵐

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年02月12日 第103回定例部会
兼題:針供養、猫の恋、当季泳題
 川井素山        春禽の遊ぶ日差しの(にわたずみ)
 保井寶正        一人身の釦繕ふ針供養
 佐久間喬        靴すべり手すりつかむや春遠し
 丸山酔宵子      ;音も無く足跡も無し雪の朝
 菊地崇之        叶ふとぞ思ひきらむや猫の恋
 吉田啓悟        おでん屋の隅に酌みゐてわれら老ゆ
 青木英林        透き通る臓腑の黒き?(さよりかな)
 山本草風        針祭る人の影なし淡島堂
 佐伯兵庫        徒然に鉢植えの土替へて春
 佐久間たか子  冴返る水琴窟に耳を貸す
 渡辺鯨波        雪女シャネル銀座の曲がり角
 澁谷瑠璃        狐火の灯るマッチ売る少女
 原   晶如        半眼に残る寒さや観世音
 永井正孝        六花舞ひ寓居静かに装へり

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2018年01月  8日 第102回定例部会
兼題:初景色、当季泳題
 保井寶正        日溜に椅子移しつつ春隣
 佐久間喬        門毎の日の丸失せし初景色
 丸山酔宵子     物乞ひも牛も横切る初景色
 菊地崇之        新たなる富士をしつらえ初景色
 吉田啓悟        ベランダに止まる雀や初景色
 青木英林        七種を唱へて喰らふ老夫婦
 後藤克彦        鮟鱇の吊るし切りされ仏顔
 山本草風        妻と吾何もかはらぬ去年今年
 佐伯兵庫        早仕舞挨拶ばかり初仕事
 佐久間たか子  間にて筆下ろす音淑気みつ
 金森純女        ゆったりと歩みゆく猫初景色
 渡辺鯨波        震度4ずれてしまった初景色
 澁谷瑠璃        六花睫毛の先に不時着す
 石川智子        蒼穹の明日へと続く初景色
 原   晶如        瘤吼ゆる裸木にある孤独力
 青葉ひかる     初景色富士の雄姿が碧に浮く

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年12月11日 第101回定例部会
兼題:ポインセチア、猩猩木、当季泳題
 川合素山        雪吊や遠見の茶屋の緋毛氈
 保井寶正        ほのぬくし黒塀裏の寒椿
 佐久間喬        団子屋も電飾光る年の暮
 丸山酔宵子     臼杵ではタレで肝溶き喰ふてつさ
 菊地崇之        駅伝や汗と涙の冬景色
 吉田啓悟        ポインセチアなぐさめになる赤でなく
 青木英林        ピアノバーポインセチアが闇に浮く
 後藤克彦        酉の市残る熊手の豪華版
 山本草風        年の瀬や故郷に帰る国言葉
 佐伯兵庫        こりもせず自分捜しの日記買ふ
 佐久間たか子  落ちきりし夕陽に()かすやせ紅葉
 金森純女        大仏を仰ぎ見る子や冬うらら
 渡辺鯨波        お隣の美魔女の会釈ポインセチア
 澁谷瑠璃        耳当てす冷ややかな越え聞くものか
 石川智子        地上にも無数の星よ寒昴
 原   晶如        背骨から小指へと抜け風邪心地
 青葉ひかる     優しくて熱き瞳の消えぬ冬

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年11月13日 第100回定例部会
兼題:ゆず湯、柚子湯、当季泳題
 川合素山        青みかん誰か剥いてる昼の寄席
 保井寶正        茶の花や我の書斎を支配せり
 佐久間喬        秋雨のまつすぐに降る七七忌
 丸山酔宵子     事ならぬ悔ひを残して柚子湯かな
 菊地崇之        この道や押葉誓いし冬紅葉
 吉田啓悟        梵鐘のひびき拡がり山眠る
 青木英林        小春日や思ひ巡らす老いの先
 後藤勝彦        群れ離れ見張りのごとく彼岸花
 山本草風        柚子湯出て鏡に見せる裸身かな
 佐伯兵庫        あんこ鍋隣の部屋に押されぎみ
 渡辺鯨波        凡庸な五体労り柚子湯かな
 澁谷瑠璃        生き別る片の手套は探すまい
 原   晶如        散紅葉丹波に低き分水嶺
 青葉ひかる     みかん入れゆず湯のつもり冬至まえ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年10月09日 第99回定例部会
兼題:秋思、当季泳題
 川井素山        もみ殻の林檎探がしを懐かしむ
 保井寶正        耳朶(みみたぶ)や秋夕焼に透きとほり
 佐久間喬        赤々と霜見るまでの柿すだれ
 丸山酔宵子     日が落ちて一人塩ふるきぬかつぎ
 菊地崇之        身豊か女心に秋思ふ
 吉田啓悟        この秋思みんな年金暮らしです
 青木英林        吊し柿山里の古家(いえ)彩れり
 山本草風        アスリート覇気(ほとばし)り秋盛ん
 佐伯兵庫        うそ寒や昼のネオンの地下通路
 渡辺鯨波        漱石の旧居に落とす愁思かな
 澁谷瑠璃        彼岸花転生だけを待ち詫びる
 石川智子        風吹けば吹かるるままの秋思かな
 原   晶如        百歳の回転木馬良夜かな
 青葉ひかる     愁思秘め逝きし妹今いずこ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年09月11日 第98回定例部会
兼題:台風、野分、当季泳題
 川井素山        雁渡る山河しるべの旅路かな
 保井寶正        台風一過赤子の瞳あをあをと
 後藤克彦        野分(あと)破れ繕ふくもの糸
 佐久間喬        雨上がり笑ひはじける庭花火
 丸山酔宵子     雨傘を杖にホロ酔ひ野分晴
 菊地崇之        差し向ひ亡妻語らむ長き夜
 吉田啓悟        しらぎくにむかしの人を迎へけり
 青木英林        二人連れ萩トンネルに姿消す
 佐久間たか子  ミニ盆栽実生(みしょう)鶏頭朱色なる
 山本草風        (うすもの)着はじらいも着る乙女かな
 金森純女        人里を離れし宿の茶立虫
 佐伯兵庫        仕事馬鹿抜け出し秋の雲にのる
 渡辺鯨波        野分中娑婆は名医を偲ぶ会
 澁谷瑠璃        夜学とは千の孤独の集う場所
 石川智子        葬列の少女の髪に野分立つ
 原   晶如        膨れたる川てらてらと野分晴

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年07月10日 第97回定例部会
兼題:夕立、白雨、当季泳題
 川井素山        玻璃戸拭き薔薇の彩り引き寄する
 保井寶正        墨堤の船にたばしる驟雨かな
 後藤克彦        じゃがいもの花花花の十勝かな
 佐久間喬        薙ぎ倒す青き匂ひや草刈機
 丸山酔宵子     紺碧の空に雲あり山法師
 菊地崇之        炎帝を惑わす衣透きし肌
 吉田啓悟        一陣の風に鷺草飛びたてる
 青木英林        合歓の花媚薬の如き風情あり
 佐久間たか子  大夕立駅なかカフェに長居せり
 山本草風        夕立きてすぎ去るまでの逢瀬かな
 金森純女        後れ毛のいつしか濡れし夏の霧
 佐伯兵庫        凶みくじ夕陽に踊る夏柳
 渡辺鯨波        白雨来る島のはずれの流人墓地
 澁谷瑠璃        夕立よ吾の虚飾を流し去れ
 石川智子        水草に雨宿りして金魚かな
 原   晶如        白南風や少年の手に砂鉄立つ
 青葉ひかる     紫陽花の香り漂ふ乙女子よ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年06月12日 第96回定例部会
兼題:羽抜鶏、当季泳題
 川井素山        余花の雨三味に更けゆく津軽かな
 保井寶正        街路樹の袴となりぬ;杜鵑花(さつき)かな
 後藤克彦        係留の錆の目立てる梅雨の船
 佐久間喬        断捨離し胸を張りをり羽抜鶏
 丸山酔宵子     木漏れ日に深呼吸す奥伊香保
 吉田啓悟        浮世とはかくありなんと羽抜鳥
 青木英林        紫陽花の頃に引き立つ鄙の寺
 佐久間たか子  山若葉山女(やまじょファツション列なして
 山本草風        若き母眩し双丘夏すがた
 金森純女        自転車を二人乗りする青田かな
 佐伯兵庫        羽抜鳥今に見ておれ婿養子
 渡辺鯨波        花つつじ妻の饒舌衰えず
 澁谷瑠璃        夕立が虚飾の街を流し去る
 石川智子        羽抜鳥よろめきなおも踏みだせる
 原   晶如        ビール飲む少し嘘つく男たち

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年05月08日 第95回定例部会
兼題:薄暑、当季泳題
 川井素山        子を抱き上げ鰐口を搏つ薄暑かな
 保井寶正        水玉のブラウスにほふ薄暑かな
 後藤克彦        塗装剥げ駅舎目立つや薄暑光
 佐久間喬        木洩れ日に色を違へて椿落つ
 丸山酔宵子     石垣を越へて色益す芝ざくら
 菊地崇之        春麗磯の煌き雑魚と子等
 吉田啓悟        寒村の御ほとけ照らす柿若葉
 青木英林        眠さうな白いぼうたん風に揺れ
 佐久間たか子  墨画展終えて眼に入る薄暑光
 山本草風        歳嵩ねひこばえの如余生かな
 佐伯兵庫        初浴衣香が追いかけ下駄の音
 渡辺鯨波        追撃の思案あれこれ街薄暑
 澁谷瑠璃        触れられぬビー玉恋しラムネ瓶
 石川智子        木綿着の心地良さ知る薄暑かな

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年04月10日 第94回定例部会
兼題:囀り、当季泳題
 川井素山        囀を抜けて御堂の慈顔かな
 保井寶正        花冷や書いてまた消す恋の文
 後藤克彦        一聯(いちれん)の不揃ひ目刺余りをり
 佐久間喬        冴え返る峠を越えて街灯り
 丸山酔宵子     白魚の胡麻の目浮かぶ卵とじ
 菊地崇之        辛夷見て祈りしチャペル胸に咲く
 吉田啓悟        花吹雪忍びのような猫が来る
 青木英林        役目終へ帰途の車窓や春の暮
 佐久間たか子  囀りや児らのさえずり運び来る
 山本草風        舟浮かべ春を貪りひもすがら
 金森純女        ?五郎恋せよ我もひとりなり
 佐伯兵庫        囀りや届かぬ想い過疎の里
 渡辺鯨波        囀りや妻の小言を聞き流す

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年03月13日 第93回定例部会
兼題:壺焼き、当季泳題
 川井素山        渡り漁夫訛言葉の国自慢
 保井寶正        月の夜の春の棚田の夢幻かな
 後藤克彦        初蝶や低き垣根を試し飛ぶ
 佐久間喬        紙箱の隅にひしゃげたる蓬餅
 丸山酔宵子     悔やむこと思ひめぐらすしじみ汁
 菊地崇之        春炬燵真剣勝負紙角力
 吉田啓悟        天井の明るくあけて春の風邪
 青木英林        長閑さよ形見の杖で散歩にも
 牧野里山        暁暗やにおい微かに梅の花
 佐久間たか子  風通る吉野紙ゆれ雛納め
 山本草風        勤め終へ(ほだし)を放下春の旅
 金森純女        壺焼や出てこぬ肝のうらめしき
 佐伯兵庫        啓蟄や一枚脱いで畑手入れ
 渡辺鯨波        遠景に原発見えて栄螺食ふ
 澁谷瑠璃        ぶらんこに船頭ひとり漕ぎ出づる
 石川智子        壺焼きの煙は空に香を届け

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年02月13日 第92回定例部会
兼題:追儺、鬼やらひ、当季泳題
 川井素山        梅東風に絵馬の把鳴る眞澄空
 保井寶正        朧夜と潮騒和して音を編む
 後藤克彦        冬の蠅一匹だけの宴淋し
 佐久間喬        七転び七十路のスキー耐へゐたる
 丸山酔宵子     校庭に響くチャイムや春隣
 菊地崇之        婿養子(はま)る鬼役追儺の日
 吉田啓悟        ボロ市の仏像吾を選びけり
 青木英林        猫柳揺るる心や老ひの恋
 牧野里山        朝日受け路地の中にも芽吹あり
 佐久間たか子  邪気さりし星あおあおと追儺かな
 山本草風        雪形も異常気象で変はりゆく
 金森純女        春の駒跳ねては親を振り返る
 佐伯兵庫        懐炉して歩く薄着の美魔女かな
 渡辺鯨波        引きこもる児の凄まじき鬼やらい
 澁谷瑠璃        心根(こころね)を沈めて覗く氷面鏡(もかがみ)

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2017年01月09日 第91回定例部会
兼題:七草、松取れて 、当季泳題
 川井素山        松取れてまだ墨堤の芽の固し
 保井寶正        筆架揺れ磨る青墨の淑気かな
 後藤克彦        ゆく年やあと一本の徳利酒
 佐久間喬        七草の名前そらんじ競ふ子等
 丸山酔宵子     篝火に浮ぶ巫女の手初神楽
 菊地崇之        松取れて妻自由なり家事親父
 吉田啓悟        それぞれの子等の去りゆく三日の夜
 青木英林        霜柱蹴散らす時は子に戻る
 牧野里山        初詣木立にじます日の光
 佐久間たか子  葉牡丹や床に五色の花となる
 山本草風        数へ日や不孝者なる墓掃除
 金森純女        福寿草露店の闇を照らしけり
 佐伯兵庫        七草の絵図をにらみて田んぼ道
 渡辺鯨波        松とれて無聊をかこつ老教師
 澁谷瑠璃        七草に入れてもらへぬもの咲ける
 石川智子        七草を吹く静けさや湯気の中

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


第91回萩句会


2016年12月12日 第90回定例部会
兼題:セーター、当季泳題
 川井素山        気散じに冬の灯拾ふ銀座かな
 保井寶正        日短や茶器をおさめる真田紐
 後藤克彦        (くろずみ)し底に葉積もる冬の池
 佐久間喬        五重塔影絵となせり枯れすすき
 丸山酔宵子     散り果てて銀杏大樹が空を刺す
 菊地崇之        襟足を輝めかせたる冬日かな
 吉田啓悟        セーターやうしろを鳥の立てし波
 青木英林        短日や尾灯繋ぎの湘南路
 牧野里山        青空や疎水に沈む紅葉かな
 佐久間たか子  尾白鷲胸反らし合ひ(つがいなる
 山本草風        屁ふりむし哲人の顔壁を這ふ
 金森純女        セーターを編んでいるうち別れたる
 佐伯兵庫        賀状書く浮かぶ笑顔の若きママ
 渡辺鯨波        セーターに悋気収めて街にでる
 澁谷瑠璃        時代さへ生まれあやまつ狂い花
 石川智子        ひととせを拍手で送る第九かな

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年11月14日 第89回定例部会
兼題:枯芝、当季泳題
 川井素山        雨上り夜店仕度の酉の市
 保井寶正        怠惰さえ小ひさな贅の小夜時雨
 後藤克彦        枯芝に失なひし鍵耀けり
 佐久間喬        スマホ見て言葉なき夜のそぞろ寒
 丸山酔宵子     くれなゐの水尾(みお)すえひろに鴨の群れ
 菊地崇之        枯芝や痛みし胸に刺さる棘
 吉田啓悟        初時雨シャワーの温度二度あげぬ
 青木英林        零余むかご子揺れ地下の根芋と交信す
 牧野里山        枯芝に大の字になり空を見る
 佐久間たか子  ひと枝のうすももに照る帰り花
 山本草風        身を寄せて魚道を上る鮭哀し
 金森純女        出不精の背を押されたる小春かな
 佐伯兵庫        枯芝や一期一会の今日を生き
 渡辺鯨波        大棚田軍団のごと稲架襖
 澁谷瑠璃        空っぽの愛だけあげる姫胡桃
 石川智子        ちくちくと子ども転げる枯芝生

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年10月10日 第88回定例部会
兼題:蓑虫、当季泳題
 川井素山        流木焚く秋の磯辺や忘れ潮
 保井寶正        老嬢の手提の子犬秋深し
 後藤克彦        蓑虫やゆらす風にも糸負けず
 佐久間喬        台風の進路聞きつつ銀座かな
 丸山酔宵子     明朝(あした)には藍も萎れる牽牛花(けんぎゅうか)
 菊地崇之        蟷螂や剣豪気取り斧あげて
 吉田啓悟        七輪の頃の秋刀魚を思ひけり
 青木英林        彼岸花義兄が逝きて七ヶ月
 牧野里山        長雨や家に籠りてて蓑虫に
 佐久間たか子  虫くいの葉脈のこしレモンなる
 山本草風        熟睡し秋の昼寝に蓬莱山
 金森純女        回覧板届けうなじのそぞろ寒
 佐伯兵庫        蓑虫のすねて生きてる我が身とも
 渡辺鯨波        みの虫や不登校児の連絡帳

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


第88回萩句会


2016年09月12日 第87回定例部会
兼題:青芒、当季泳題
 川井素山        窓拭きのゴンドラ高し秋澄みぬ
 保井寶正        青芒葉ずれの歌の夕まぐれ
 青木英林        朝顔の一期一会や明日も又
 後藤克彦        鬼蜻蜒(おにやんま)神風のごと迫り来る
 佐久間喬        夏草や駆け入るボール封じ込む
 丸山酔宵子     松茸のせめて香を無言館
 菊地崇之        仲秋や母を偲びつ団子食む
 牧野里山        観覧車夕焼けの中に富士望む
 佐久間たか子  年寄りが児らに勝るる秋祭
 佐伯兵庫        青芒挫折乗り切る母子の道
 吉田啓悟        すぎし絵へあゆみをもどす愁思かな
 山本草風        風運ぶ祭囃子の哀しさや
 金森純女        被災地の西瓜食む夜や音もなく
 渡辺鯨波        老猫の軽さ愛しむ終戦日

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年07月11日 第86回定例部会
兼題:勘平、当季泳題
 川井素山        甚平着て豆腐屋までの外出かな
 保井寶正        甚平やワイン片手に棋譜を読む
 青木英林        どじゃう鍋昔馴染の集う宵
 後藤克彦        隙間なく草の天下か梅雨の庭
 佐久間喬        甚平を着るや全てがいいかげん
 丸山酔宵子     天井に乾杯ひびくビヤホール
 菊地崇之        河沿いに寄り添ふじんべ紺絞り
 牧野里山        甚平着て縁台将棋眺めおり
 佐久間たか子  日傘さし猶も日陰を探しをり
 佐伯兵庫        空梅雨や見えるダム底過去の影
 吉田啓悟        雲の峰すくっと立ちて無職なり
 山本草風        田掻馬今は哀しき厩かな
 金森純女        ゴツホてふひまわり届き八重に咲き
 渡辺鯨波        甚平着て悠然とゆくピカソ館

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年06月12日 第85回定例部会
兼題:夏野、当季泳題
 川井素山        そちこちに釣糸垂れる梅雨晴間
 保井寶正        黒たまご買ふや箱根は梅雨の入り
 後藤克彦        虎が雨軒下に猫残し去る
 佐久間喬        大夏野何するでなく牛群れる
 丸山酔宵子     噴煙が雲に溶け込む大夏野
 菊地崇之        紅薔薇や色香に心盗まるる
 佐久間たか子  牛ののらりくらりと夏野かな
 山本草風        昔日を友と語りて明け易し
 佐伯兵庫        讃美歌をばらに聞かせる山の宿
 渡辺鯨波        夏野ゆく新型電動車いす

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年05月09日 第84回定例部会
兼題:噴水、当季泳題
 川井素山        春月の影移りゆく棚田かな
 保井寶正        菖蒲湯や老躯沈めて足るを知る
 青木英林        伽藍背に白いぼうたん風に揺れ
 後藤克彦        藤棚に残りし花の寂しさよ
 佐久間喬        噴水や空の青さに上着脱ぐ
 丸山酔宵子     只管(ひたすらに青し信濃路五月晴れ
 菊地崇之        入れ食いのカツオ降りくるデッキかな
 牧野里山        森の中桜一木(いちぼく)咲き誇り
 吉田啓悟        牡丹園しじまの中を中国語
 佐久間たか子  葉桜や鎌倉巡る人力車
 山本草風        残雪を遠くに眺め昼寝かな
 佐伯兵庫        時忘れ腰が戻らぬ草?り
 渡辺鯨波        噴水の起承転結人は虚ろ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年04月11日 第83回定例部会
兼題:「燕」、当季泳題
 川井素山        岬の畝くろぐろと伸び初燕
 保井寶正        初つばめ戻りましたとつつく軒
 後藤克彦        万歩計歩きにじゃまの花見客
 佐久間喬        無縁墓に聞こゆ鐘の音彼岸寒
 丸山酔宵子     無縁墓に聞こゆ鐘の音彼岸寒
 菊地崇之        春の宵女将造りし夢世界
 牧野里山        若葉どき湖畔の径も耀けり
 佐久間たか子  切通し抜けて陽あびる花吹雪
 佐伯武雄        花粉症暗き顔立ちなほ暗い
 吉田啓悟        覚めてみる夢もありけり花吹雪
 山本草風        (はし)り馬気を静めたる((おぼろ)かな
 金森純女        隅っこの雛忘るるなつばくらめ
 山本草風        (はし)り馬気を静めたる((おぼろ)かな

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年03月14日 第82回定例部会
兼題:草餅、草団子、当季泳題
 川井素山        残照や足で舵とる蜆舟
 保井寶正        春疾風乙女の裾に噛みつきぬ
 青木英林        吊るし雛首をすくめて鬼ごつこ
 後藤克彦        雪吊りの役目終へたる縄を解
 佐久間喬        よもぎ餅色をほめつつ二つ求む
 丸山酔宵子     便りなき友を偲ぶや寒見舞
 菊地崇之        鳥かえるときも覚えず巣に眠る
 牧野里山        ラッセルの樹海の中に芽吹きあり
 吉田啓悟        店先の箒目ふみて草団子
 佐久間たか子  仏間にて思い出集う草のもち
 山本草風        縁側に草餅二つ人を待つ
 金森純女        春霞吸ひ込み胃の腑もたれけり
 佐伯兵庫        草餅で一息いれる庭弄り

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年02月08日 第81回定例部会
兼題:春泥、当季泳題
 川井素山        明かり消しなお臘梅の香る宿
 保井寶正        飽食に小さな贅の花菜漬
 青木英林        春立つやちよつと気分の違う朝
 後藤克彦        どか雪や積り積りて狛隠す
 佐久間喬        春泥を跳ね上げ乾くランドセル
 丸山酔宵子     篝火(かがりび)に浮かぶ神楽や淑気(しゅくき)満つ
 菊地崇之        そういえば妻の御機嫌蕗の薹
 牧野里山        花の芽の体内時計眠り覚め
 吉田啓悟        いらへなき返事を待ちて余寒かな
 佐久間たか子  春泥に子等押しあつて笑い声
 山本草風        大寒の硬き光に足怯む
 金森純女        春泥や轍のなかの青き空
 佐伯武雄        節分やひろって食べる一人酒

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2016年01月11日 第80回定例部会
兼題:風花、探梅、当季泳題
 川井素山        ガード下(せなだけ見ゆる夜鳴そば
 保井寶正        梵鐘に風花舞うや比叡山
 青木英林        探梅の里に人影見当たらず
 後藤克彦        墨一滴落ちて直しの賀状かな
 佐久間喬        松の内巻きぐせままのカレンダー
 丸山酔宵子     歳重ね何が残るか実万両
 菊地崇之        ママ心七種粥や暖簾下げ
 牧野里山        酉の市熊手の波が行き違ふ
 佐久間たか子  探梅の歩き疲れてふと香る
 佐伯武雄        多言語が飛び交う宵の初詣
 吉田啓悟        津軽では五臓六腑の冬囲
 大山龍海        七十路は雑煮祝いもしみじみと
 山本草風        年の瀬や今年の懺悔墓掃除
 金森純女        主なき小庭包むや木の芽雨

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


 俳句は17音という制限の中で情景が目に浮かぶように表現する。しかし情景の説明になってはいけない。
 季語によって作者の感じ取った情景をそのまま、あるいはそれ以上に伝えることができる。季語の力(連想力)を信じることである。また、誰もが使っている言葉や言い回しは詩の一ジャンルである俳句の新鮮さを失わせるので嫌われる。 これらは句会での主宰の講評の一部です。
 中原主宰が上記の中で特に良い句として選んだ句は以下の5句ですが 、皆様の評価は如何でしょうか。

 ガード下背だけ見ゆる夜鳴そば
 梵鐘に風花舞うや比叡山
 探梅の里に人影見当たらず
 墨一滴落ちて直しの賀状かな
 歳重ね何が残るか実万両

 中原道夫主宰が句の選者をされている「新潟日報」の元日の紙面に寄せられた言葉と句をご紹介します。
 『民族闘争、宗教闘争、人間はちっぽけな存在を忘れて次々と悲しみや試練を生み出します。ちっぽけな俳句が増々心の拠となって来ています。天災にも強い俳句の避難所(シェルター)を今年も。
 『獅子舞に喰はせて凡(なみ)の頭なり』


2015年12月14日 第79回定例部会
兼題:飾り売り、当季泳題
 川井素山        雪嶺を帶に染め行く朝日かな
 保井寶正        飾売り法被鉢巻モダンなる
 青木英林        朝練の子等の掛声息白し
 後藤克彦       声釣られ見栄張りて買ふ大熊手
 佐久間喬        薪割りの音こだまして八ヶ岳
 丸山酔宵子     紅葉且つ散る山門の苔の庭
 菊地崇之        枯蔦やチャペルで祈り若き日は
 牧野里山        辻地蔵冬日を浴びて屹立し
 吉田啓悟        木守柿白き峰より高きかな
 佐久間たか子  鶴唳(かくれいの響いて空をつくごとし
 山本草風        冬の寺悟り教える丸き窓
 金森純女        火の用心夜目にもわかる服を着て
 中山志津久     寄る年波難破しそうな師走かな
 大山龍海        飾り売り来る年占う帰り道

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2015年11月09日 第78回定例部会
兼題:菊人形、夜なべ、当季泳題
 川井素山        木漏れ日や紅葉を傘の切通し
 保井寶正        看護師の励ます声の夜業かな
 青木英林        お会式の殿(しんがり)過ぎて元の闇
 後藤克彦        手とどかぬ熟柿に鳥の歓喜声
 佐久間喬        熱闘終へ球場の椅子そぞろ寒
 丸山酔宵子     僧堂に響く警策菊日和
 菊地崇之        切り干と妻は見えまし食すべし
 牧野里山        雨上がり黄葉踏みしめ(そば)の径
 吉田啓悟        この一樹あらんかぎりに紅葉す
 佐久間たか子  遅れ咲く菊をまとうて甦る
 山本草風        丹精を鎧にしての菊人形
 佐伯武雄        卒塔婆鳴く話しかけてる墓参り
 金森純女        都鳥空の青さと切り結ぶ
 志津久     夜なべする母の横顔影絵みる

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

第78回萩句会


2015年10月12日 第77回定例部会
兼題:干柿、花野、当季泳題
 川井素山        穂薄にかかる芋煮の湯気の帯
 保井寶正        柿すだれ風を味方につけてをり
 青木英林        柿を剥く手付き年期を物語る
 後藤克彦        稲架組(はざくみ)の横に残りし案山子かな
 佐久間喬        栗を剥く妻のつむりに白きもの
 丸山酔宵子     雲切れて(かんばせ)照らす巨き月(スーパームーン)
 菊地崇之        赤い羽根人垣を生む澄みし声
 牧野里山        木漏れ日が花野の径を示しをり
 吉田啓悟        手入れせし松の匂へる夕餉かな
 佐久間たか子  薪割つて大気とよもす秋澄めり
 佐々木彩女     行く末も知れずひたすら花野行き
 山本草風        秋の野は寂しき色の貼絵かな
 佐伯武雄        秋の日の墓石に耳を澄ましけり
 大山龍海        修善寺の湯けむりに舞う落葉かな
 金森純女        秋茜ついと高みへ上りけり
 中山志津久     家人なき古家の石榴はじけ待つ

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2015年09月04日 第76回定例部会
兼題:かかし、当季泳題
 川井素山        雨しずく乗せて傾げる木槿かな
 保井寶正        墨色に白の美求め秋に入る
 青木英林        豊作を満足顔で観る案山子
 後藤克彦        よたよたと塀越え試す秋の蝶
 佐久間喬        暮れなずむやおら高まる虫時雨
 丸山酔宵子     ロフト打つ雨音激し夏の暮
 菊地崇之        干芋茎とろける味の大年増
 牧野里山        山道の朝靄の中ユリ一輪
 吉田啓悟        不作田に朽ちて向き合ふ案山子かな
 佐久間たか子  捨て案山子なほ眼力を保ちたる
 佐伯武雄        里山や人恋しくて熟し柿
 山本草風        セピア色祖母と一緒の白絣
 大山龍海        黄金田に弊衣風舞い古かかし
 金森純女        かかし無き田に目ん玉のひるがえり
 中山志津久     秋さんま烟たなびく盃と

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2015年08月10日 第75回定例部会
兼題:蚊遣り、当季泳題
 川井素山        隅田川満ちて夜涼の屋形船
 保井寶正        不揃いの初蝉聞くや雨の後
 青木英林        海岸に人(だか)りせる西瓜割
 後藤克彦        蚊遣り火の風向き正す夕餉かな
 佐久間喬        蚊遣火の煙一筋セレナーデ
 丸山酔宵子     白足袋と袈裟で托鉢大暑かな
 菊地崇之        稲妻や下宿の窓辺男女お め二人
 牧野里山        切通し暑さを一時忘れさす
 吉田啓悟        炎天やバス停見えてなほ遠く
 山本草風        深き森万古の神昼寝かな
 金森純女        夏のれん掛ける女将の白き腕
 中山志津久     傘踊り鈴音あでやか因幡かな

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。


2015年07月13日 第74回定例部会
兼題:花火、当季泳題
 川井素山        簗打つや岸に「う」の字の旗なびく
 保井寶正        紫陽花の朝一番の交響詩
 青木英林        花火終り人無き浜に波の音
 後藤克彦        先競う赤と黒との蟻の道
 佐久間喬        ビルの谷音だけ聞こゆ揚花火
 永井正孝        梔子の匂ひで案内夕間暮
 丸山酔宵子     噴煙をもろともせずに雲の峰
 菊地崇之        おじぎ草触れてたおやめぶりためす
 牧野里山        鳥が追ふ獲物の先の夕焼かな
 佐久間たか子  朝椀ぎのきゅきゅつと泣いて茄子の紺
 佐伯武雄        金魚すくい此の子も母に似て器用
 佐々木彩女     儚さのいつそ際立つ大花火
 吉田啓悟        隙間なく十薬の咲く暗さかな
 大山竜海        揚げ花火老いを蹴散らす浜の宵
 山本草風        父の日や馳走の前に説教かな
 金森純女        夏の峯一足ごとに空見上ぐ
 中山志津久     山裾の谷渡りの木花火咲く

全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年06月08日 第73回定例部会
兼題:夏帽子、麦わら帽、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年05月11日 第72回定例部会
兼題:若葉、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年04月13日 第71回定例部会
兼題:逃げ水、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年03月09日 第70回定例部会
兼題:菜の花、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年02月09日 第69回定例部会
兼題:日脚伸ぶ、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2015年01月12日 第68回定例部会
兼題:雪達磨、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2014年12月08日 第67回定例部会
兼題:炬燵、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

2014年11月10日 第66回定例部会
兼題:神無月、当季泳題
全作品は、ここ より観閲・ダウンロードできます。

第66回萩句会

 アーカイブ 





合同句集 観閲・ダウンロード(会員限定)
該当項目をクリックし、パスワードを入力してお進みください。

  100回記念合同句集(2017年12月11日発行)

  第1号合同句集(2015年11月9日発行)


萩句会の模様
★兼題★
 毎回の句会終了時に兼題といわれる次回句会の句の題(テーマ)が出題されます。平成27年7月の兼題は「花火」でした。
★出句★
 萩句会の参加者は兼題を詠んだ句を1句、その他時節に応じた句を 3句、計4句を句会に出句します。各自 4 枚の短冊に句を書き込み提出します。句会をやむを得ず欠席する場合、句のみを投句として提出することができます。
★清記★
 提出された短冊を順不同にして清記用紙とともに 5 枚づつ配り、用紙に書き写してもらいます。筆跡で誰の作品か判らないよう短冊の句を別の用紙に書き込むのです。書き込むことにより、各句に番号が振られます。
★選句★
 句が清記された用紙をコピーして参加者全員に配ります。部会員全員が出句すると17名×4句=68句となるがその中から自分の観点で句を6句選びます。選んだ6句を自分の名前を記した選句用紙に記載します。中原主宰もその間選句を行います。
★披講★
 披講とは提出された選句用紙を披講者が読み上げることです。選者の名前を告げ選ばれた6句を清記用紙の番号とともに読み上げていきます。参加者は選ばれた句を聞き取り、手元の清記用紙コピーの当該句の互選欄に〇印をつけていきます。全員分の披講が終ると、中原主宰が入選句と特選句を発表します。互選で全く選ばれなかった句が選ばれることが、しばしば有ります。
★選評★
 中原主宰が互選により選ばれた句、主宰が選んだ句にについて添削や講評を行います。旧かな使い、言葉の使い方、季語の意味などは勿論ですが、句に詠まれている情景、場所などについて主宰の幅広い知識や素養を基に時には皆の笑いを引き出しながら解説があり、句の修正などして頂きます。そして、この句はどなたの句ですかと主宰が聞かれ、作者が判明します。作者名を知った参加者の反応は「やっぱりそうか」「意外だな」「素晴らしい」などなどです。
★質疑応答★
 時間がある場合には、参加者からの様々な質問に主宰が答えていただけます。
★終了★
 3時間の句会を終える際に次月の萩句会の兼題が主宰より出題されます。
★反省会★
 句会は17時頃終了するので、その後は場所を変え、緊張を解いてなごやかに傾ける杯の味は格別です。新しく入られた方もすぐに打ち解けられます。