ホーム > 部会紹介 > ウォーキング部会

ウォーキング部会

   

 今後の予定

   
・令和01年11月19日(火)~20日(水)(1泊2日)
(設立20周年記念行事)長瀞・宝登山を訪ね歩く
秩父鉄道 長瀞駅改札外/13時集合
詳細:こちら をご覧ください。
・令和01年12月17日(火) 神田川支流・蟹川沿いに母校まで歩く
西武新宿駅 正面口改札外/14時集合
   

   |2019|2018|2017|2016|2015|   

 実施報告

   

令和01年10月15日(火) 武蔵野三十三観音巡り 第8回 参加11名    

コース:西武秩父線高麗駅→瀧泉寺→高麗駅→武蔵横手駅→長念寺→福徳寺→東吾野駅→吾野駅→
法光寺→吾野駅
   
武蔵野三十三観音巡り 第8回(スライド48枚)
                                                                                                                                                                                               

令和01年09月17日(火) 玉川上水跡の緑道を歩く 参加10名

コース:京王線上北沢駅→玉川上水第2公園→宗源寺→玉川上水第3公園→築地本願寺和田堀廟所→
明大前→向岸地蔵尊→京王線笹塚駅→井の頭線渋谷駅
   
 9月17日(火)戻り残暑の中、玉川上水跡緑道を歩いた。京王線上北沢駅から甲州街道(国道20号線)
を北へ渡り、玉川上水第二公園の緑道に上がる。準備体操の後、この時期の残暑にしては爽やかな
空気と思い、整備された木々の緑を渡る清々しい風を楽しみながら、歩き始めた。
 しかし、それも束の間の幸せ。30度を超える暑さに、大汗をかく人、足取りが重くなる人が増え、
今更ながらこの夏の猛暑を思い出さされた。緑道の木陰のベンチで一休み、或いは、緑道脇の高井戸
の地名由縁とも言われる不動堂(高井堂)のある宗源寺や、覚蔵寺、龍泉寺など名刹にも立寄り、其々
の木陰で涼をとりながら、築地本願寺和田堀廟所を目指す。と言うのは格好つけ過ぎか?実は事前に
目を付けていた、冷房完備の和田堀廟所休憩所を目当てに、歩みを早めたわけであります。
 休憩所に着いて、美味しい緑茶(無料の給茶器からです!)に咽喉を潤してもらい、いざ有名人の墓
巡りへ。樋口一葉、水谷八重子、古賀政男、海音寺潮五郎、目黒稲門会員のご家族の海沼實、ノーベ
ル平和賞の元首相など、錚々たる方々のお墓を訪ね歩いた。 でも、日差しを遮るもののない墓地は
流石に暑い!休憩所でもう一度休んで、再出発。明大前を通過し、代田橋駅手前から開渠になった
上水跡を見ながら、向岸地蔵尊を眺め、環七を潜る歩道トンネルを抜け、笹塚駅まで歩く。
 本来なら二駅先の京王線初台駅迄歩く予定ながら、この暑さに「早くビールで乾杯を」の声が高ま
り、止む無く笹塚駅から電車で渋谷駅へ。 緩々と、3時間ほどかけた猛残暑の中のウォーキングで
した。(吉野博明 記)
   
   
玉川上水跡の緑道を歩く(スライド27枚)
                                                                                                       

令和01年07月16日(火) 御嶽神社・雪谷八幡・洗足池を歩く 参加14名

コース:御嶽山駅→雪谷八幡→庚申供姜塔→洗足池公園→大岡山駅→都立大学駅
   
 生憎の雨でしたが14名が集まり、東急池上線に沿って雪が谷大塚駅、石川台駅を経由して洗足駅
まで予定したコースを完歩しました。雨のため洗足池一周はとりやめ勝海舟別邸跡、大森第六中学
校(当会会員3名卒業)を通過して大岡山に向かい、ここで懇親会会場を探しましたが時間が早いため
見つからず東横線都立大学駅まで歩きようやく、唯一開店していた万豚記 都立大学店にたどり着き
祝杯をあげる事ができました。
   
   
御嶽神社・雪谷八幡・洗足池を歩く(スライド13枚)
                                               

令和01年06月22日(土) 東京ゲートブリッジから展望を楽しむ 参加11名

コース:新木場駅→バス→若瀬キャンプ場前→若瀬公園(昇降エレベーター)→東京ゲート
ブリッジ(往復)→若瀬公園(昇降エレベーター)→若瀬キャンプ場前→バス→新木場駅
   
 毎月第3火曜日が昇降エレベーター保守点検のため定例開催日を6月22日(土)に変更しました。
しかし、当日、雷注意報が発令されたため昇降エレベーターは運転中止となっため、帰りのバス
での移動を変更して歩いて新木場駅に戻りました。
   
※「若洲海浜公園&江東区立若洲公園」のマップをこちらからダウンロード出来ます。
   
東京ゲートブリッジから展望を楽しむ(スライド14枚)
                                                   

令和01年05月31日(火) 鎌倉古道を歩く 参加10名

コース:西武国分寺線小川駅→九道の辻→八坂神社→野口橋→東村山ふるさと歴史館→徳蔵寺
→西武新宿線東村山駅
   
   
鎌倉古道を歩く(スライド28枚)
                                                                                                           

平成31年04月16日(火) 九品仏浄真寺から立源寺まで 参加15名

コース:東急大井町線九品仏駅→浄真寺→宮本三郎記念美術館→奥沢神社→熊野神社→
立源寺→東急東横線都立大学
   
   
九品仏浄真寺から立源寺まで(スライド29枚)
                                                                                                               

平成31年03月19日(火) 武蔵野三十三観音巡り 第7回 参加12名

コース:JR川越線高麗川駅→霊厳寺(番外第1番)→高麗神社→出世橋→聖天院(第26番)→
勝音寺(第27番)→(バス)→西武線飯能駅
   
   
武蔵野三十三観音巡り 第7回(スライド40枚)
                                                                                                                                                               

―3/19ウォーキングに参加して―

 2019 年3 月19 日(火)、武蔵野三十三観音巡りシリーズ第 7 回に参加した。JR 川越線高麗川
駅に集合し歩き始める。途中、路傍の民家や畑に咲く水仙や梅の奇麗だったこと!
 先ず霊巌寺(真言宗智山派)の岩盤に立つ観音像もさることながら、畑の中でここだけ何でこん
な大きな岩が!不思議に感じる人たちが、自然の力に畏怖してこの寺を建てたのでしょうね。
 その後、8 世紀初頭、戦乱を逃れ高句麗から一族郎党1,799 人を率い、大和朝廷から与えられ
たこの地に入った高麗王若光所縁の高麗神社と、彼の菩提寺である聖天院勝楽寺(真言宗智山派)
を回って勝音寺へ。高麗神社には、戦前・戦後の要人や韓国系の団体の記念樹が沢山ある。往時
の大和朝廷と朝鮮半島との往き来の密な様を思い、その時代の東アジアの政治版図から、時を経
て一方的に歪んだ現代の彼我の意識のずれになどに、暫し想いを馳せ佇んだ次第勝音寺は臨済宗
建長寺派のお寺です。寺の隣り、木立の先には高麗聖書教会の十字架が微かに見える。 まさに
仲良く共存、かなぁ、であればよいのだけど。
 勝音寺近くの栗坪停留所からバスで西武線飯能駅まで出て帰路についた。
(吉野博明 記)
   

平成31年02月19日(火) 羽村取水堰と多摩川を歩く 第2回 参加12名

コース:JR青梅線羽村駅西口→稲荷神社→禅林寺→羽村取水堰第2水門→水道局管理事務所
→玉川水神社→禅福寺→玉川神社→護国神社→聖徳神社→羽村駅西口
   
羽村取水堰と多摩川を歩く 第2回(スライド28枚)
                                                                                                           

平成31年01月04日(金) 深川七福神巡り 参加13名

コース:東西線門前仲町駅→恵比寿神(富岡八幡宮)→弁財天(冬木弁天堂)→福禄寿(心行寺)→
大黒天(円珠院)→毘沙門天(龍光院)→布袋尊(深川稲荷神社)→寿老神(深川神明宮)→都営地下鉄
新宿線・大江戸線森下駅
   
深川七福神巡り(スライド31枚)
                                                                                                                          
※深川七福神会ホームページ:http://www.fukagawa7.net/
   


   |2019|2018|2017|2016|2015|