早稲田大学校友会・東京都23区支部・目黒稲門会のホームページ

ホーム>目黒を知ろう>目黒の坂巡り

HP操作説明サイトマップ

目黒の坂巡り

目黒の坂一覧

--松見坂--
--大 坂--
--目切坂--
--小川坂--
--別所坂--
けこぼ坂
--茶屋坂--
--新茶屋坂--
--なべころ坂--
--ばくろ坂--
権之助坂 行人坂
--十七が坂--
--金毘羅坂--
--石古坂--
--三折坂--
--謡 坂--
柿の木坂
--鉄飛坂--
--蜀江坂--
--しどめ坂--
--谷畑坂--
--寺郷の坂--

※:「--坂--」は今後掲載予定です。
  目黒区地図

けこぼ坂
   
 私は昭和11年に今の「けこぼ坂上」バス停留所近くの家で生まれた。駒沢通りに面していて、周りは畑や野原でした。けこぽ坂は、正覚寺から中目黒小学校と目黒区総合庁舎の間を通り、祐天寺に上がる坂道で現在も主要な交通路である。「けこぼ」とは両側の土手の法面の赤土のかたまりがザラザラこぼれこの状態を古い目黒の方言で「けこぼ」といい、それがこの坂の名前の由来になったと言われている。
 私は中目黒小学校を卒業したが、同校は1901年 (明治34年)に目黒高等小学校として正覚寺に開校された。2001年 (平成13年)に創立100周年を迎えた。目黒総合庁舎は、元々昭和2年に開校した中目黒アメリカンスクールでバブル期に千代田生命本社となり、武蔵野の森をイメージした村野藤吾設計の代表作である。その後目黒総合庁舎となった。 今でも中目黒小学校側に8メール程の高さの石垣が残っているが、アメリカンスクール側にもあって、その台地の上に校舎があった。後者の中の様子を伺う事は出来なかった。けこぼ坂はその谷間にあり、目黒シティランのスタート地点は謂わばけこぼ坂のへその緒のである。
 1945年(昭和20年)6月24日の東京大空襲では、けこぼ坂は逃げ惑う人達で溢れていた。私達一家も自転車にを載せて代官山の三井別邸の方に避難した記憶が鮮明によみがえる。夜空は照明弾で昼間の如くあかるく、銀紙がひらひらと舞い落ち、まさに地獄の有り様でした。しかし米軍はアメリカンスクールの周囲2キロメートルは爆撃せず、私の家は焼失を免れた。その3ヶ月後に太平洋戦争は終結した。幼少期から昭和の戦前、戦中、戦後、平成、令和と通いなれた坂である。

けこぼ坂

目黒シティラン

保井 正(1959年 政経)
会報第96号掲載

権之助坂
   
 「目黒を知ろう」の第3弾※1として「目黒の坂」を特集します。初回は、目黒通り下り線でJR目黒駅先から目黒川へと緩やかに下る「権之助坂」です。
 目黒駅を起点として、多くのバスが行き交うので、目黒区民には最も親しみのある坂の一 つではないで しょうか。

現在の権之助坂
--JR目黒駅西口交差点先から見下ろす--

 誌面の都合上、名前の由来に絞ってご紹介します。権之助坂沿いのマンションに住んでいた幼少の頃、坂沿いにあった「どんちゃか村幼稚園」(現在は移転)、坂下にある下目黒小学校を卒業したご縁で執筆依頼を受けましたが、小さな私が母親から聞いていたのはこのような話でした。
 行人坂(ホテル雅叙園東京から目黒駅に向かう坂)があまりにも急坂であったため、中目黒の田道にいた菅沼権之助という人が、往来や重荷の運搬に苦しむ人たちを楽にしようと、緩やかな坂を開いた。ところが、許可なく勝手に公共事業をしたと咎められ、村人達の懇願も虚しく、権之助は処刑される。権之助の功績を称えて、人々はこの坂を権之助坂と呼び、後世にその名を残した、と。
 会報寄稿にあたり改めて目黒区HPを参照すると、菅沼権之助は貧しい村人のために年貢の軽減を幕府に嘆願し、その行為が罪に問われて刑死した、とも伝わるようです。由来は種々の説があるものの、庶民の負担軽減に努めた菅沼権之助を称えたものであるのは確かなようです。
 地域の人たちの暮らしが少しでも楽になるように、工夫し改善に努める・・・現在では当然の、社会人として使命感ある行動ですが、これが認められなかった時代は今からたった数百年前。今の時代に生きる幸せを実感するとともに、苦しい時代を耐え忍び、未来を切り開いてきた先人達の不屈の魂に、感謝の念を新たにするものです。

菅沼権之助の墓(目黒区中目黒5-6-14)

※1 第1弾;目黒わが町自慢、第2弾:目黒の銭湯巡り(完)

石川 智子(1995年 文)
会報第94号掲載

行人坂   
   
 「ぎょうにんざか」と読むこの坂は、目黒稲門会の方々にはなじみが深いだろう。総会や新年会で訪れる「目黒雅叙園」に行くときには必ず通る、急勾配の坂である。
 坂を下から見ると、目黒川に架かる太鼓橋を渡り、長さ約140mの急坂を登って行く。太鼓橋は、享保(1716-1736)の末、木喰上人が、八丁堀の商人達の援助を受けて完成させたもので、往時の景観は、広重の錦絵などにも残されている。右手に明王院(現目黒雅叙園)、大円寺と続き、坂の上・左手には茶屋があったそうだ。おそらく今の三井住友銀行のあたりかと思われるが、私が子供のころにはこのあたりにケンタッキーフライドチキンがあって、塾通いのひそかな楽しみだったことを個人的には懐かしく思い出す。
 行人坂という名前は、寛永(1624-1644)の頃、出羽三山の一つ湯殿山の大海法印(だいかいほういん)という行人(行者)がこの地で修行を始め、次第に多くの行人が集まり住むようになったことが由来だという。
 大円寺は、江戸三大火事の一つ、明和9年(1772)の「目黒行人坂の火事」の火元と言われていて、犠牲者供養のために釈迦三尊像及び五百羅漢像約500体が安置されている。
 目黒雅叙園は、ご存じのとおり、昭和という時代の象徴ともいえるだろう。昭和6年(1931)に竣工した旧本館は、絢爛たる装飾を施された日本初の結婚式場で「昭和の竜宮城」とも呼ばれ、太宰治の小説『佳日』にも登場する。戦時中は海軍の病院としても使われたらしい。平成3年(1991)に現在の形に大リニューアルするが、所蔵していた数々の美術品は、2014年以降に散逸。ファンドに翻弄されながら、なんとか維持しているその存在自体がドラマのようなまさに昭和の遺産である。
 歴史的遺産が多く残る行人坂。江戸時代には目黒不動尊や大鳥神社などへの参詣や、目黒の農産物を運ぶ交通の要衝であった。今は権之助坂に取って代わられている向きもあるが、実は『江戸名勝図会』にも載っている目黒屈指の名坂なのである。

江戸名勝図会
行人坂
絵師:広重

泉 実紀子(1991年 文)
会報第97号掲載

柿の木坂
   
 皆さんの多くが柿の木坂とは、都立大学駅からパーシモンホールに登って行く坂だと思っていませんか? しかしこの坂は正式には「天神坂」と言いまして、坂の途中に北野天神があります。しかしながらこの通りはまた「柿の木坂通り」とも呼ばれています。ややこしいですね。
 では、現在の柿の木坂とはどこか? 答えは、旧大山街道と目黒通が交わるBMW店あたりから環七と交差するいわゆる柿の木座陸橋の交差点までの坂を指すようです。その環七を超えると向こうは谷となり、そこは碑文谷となります。つまり環七は尾根伝いに造られた道路であることが判ります。多分尾根だけに地価が安かったので土地買収も楽だったのでしょう。また大火等の災害を食い止める意図をもって尾根沿いに造られたものと思います。勿論、環七が東京の大物流を担うのが第一目的であったことは言うまでもありません。  

現在の柿の木坂
--坂下より柿の木坂陸橋を見上げる--

 では、柿の木坂陸橋の交差点あたりを実際に見ますと、現状はかなり緩い坂です。多分環七造成当時に道幅を確保する為にかなり坂を削ったものと思われます。尾根の頭頂部の急峻な部分はかなり切り崩されたことでしょう。まして目黒通りとの交差点であれば、なおさら削られ平らにされたものと思われます。
 ところで柿の木坂のネーミングは伝承によると、三説程あります。①実際この坂に柿の木があった。②悪童達が農夫が坂上まで引き揚げた大八車から農夫の目を盗んで柿を引っこ抜いて食べた。つまり「柿抜き」の転化。③夕暮れは人通りも無く、怖いので駆け抜けて通った。つまり「駆け抜け」の転化。どれであるか定かではありません。
 自由が丘が「自由ヶ丘学園」から採ったネーミングで、ハイカラなイメージがしますが、実際にハイセンスな街となりました。柿の木坂も垢抜けたネーミングのお陰か今は瀟洒な家が建ち並ぶ雰囲気の良い住宅街となりました。ネーミングって大切ですね。

市川 亘(1976年 商)
会報第95号掲載


目黒区地図