早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > ロゴの由来

目黒稲門会ロゴの由来


   設立当時、よく碑文谷八幡宮近くの樋口初代事務局長のお宅に浅海幹事長、
土川副幹事長と岩崎が集まり、目黒稲門会立ち上げの相談をしていました。
まず会員を募集するために設立趣意書と「入会希望シート」をつくり郵送。
(大学校友会本部に「目黒に稲門会を設立することに興味ある」と回答いた
だいたた在住者全員を対象にしました。)反応はよく、80名前後の方が「入
会希望」の意志を示してくれました。 意を強くした私たちは早速、組織を活
性化するため部会を設置し、趣味や気の合う仲間づくりを始めました。それ
ぞれの部会長が熱心に活動してくださり、2~3年後には校友会から「目黒稲 門会の動きは活発だ」
と評価いただくまでになりました。 しかし、部会内部の動きは活発でも、外部の会員にはその動き
は伝わりません。そこで会報を発行し、各部会の活動状況、校友会本部の情報、総会・新年会の
お知らせなどを逐次掲載。迅速な情報発信を心がけました。 でも、情報を羅列するだけの会報では
つまらない。何か目玉になるような、他区先輩稲門会の会報にも張り合えるような工夫はないかと
一同考え、「ロゴを作ったら」ということになりました。

   ロゴについて、浅海幹事長よりタケノコが提案されました。浅海幹事長が学ばれ
た中目黒小学校の校章は中目黒を真ん中に左右にタケノコでした。 また、浅海幹事
長の祖母君が「関東大震災(大正時代)の際、1日中竹やぶで地震のおさまるのを
待っていたこと、当時、近所にたくさん竹藪があったと言っておられたこと」を
思い出され提案されました。
   話し合いの中、早稲田の稲を絡ませ、私に一任されました。 そこで広告屋だった私が担当となり
付き合いのあるグラフィックデザイナーに依頼しました。「早稲田=稲穂のイメージ」「目黒の
イメージ=タケノコ」をうまくあしらって欲しいとリクエスト。3案の中から現在の案を選びました。
   お蔭様で設立17年。現在までロゴもお使いいただいています。会員数も設立時の2倍近くになり、
今総会では校友会に多額の寄付もできるようになりました。今昔の感、ひとしおです。
   当会のますますの発展を願い、ロゴの由来をご報告させていただきました。(第73号会報より)

      岩崎正夫(昭和47年 商)