早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 会長あいさつ

会長あいさつ


yoshida    皆様、本日はお暑い中、第18回総会にご参加いただき有難う御座いました。

   都議会選挙も終わり、いよいよ2020年のオリンピック・パラリンピックに関心が高まるのではないでしょうか。戦後復興をアピールした1964年(昭和39年)のオリンピックに負けない盛り上がりを以って成功させたいものです。

   本日は母校早稲田大学より 佐藤正志理事、北野寧彦キャンパス企画部建設課長のご臨席を賜っています。後ほど母校の現状についてお話が頂けるものと存じます。

   ご両親の夢を背負い、何年か先に早大生を目指してもらいたい、幼いお子さん達も参加しています。1歳児から90歳を超える大先輩迄参加者の年齢差は「90」に近いのではないでしょうか。願わくば、早稲田OBのアットホームな集まりの雰囲気を、幼い記憶の引き出しに納めておいて欲しいものです。このような年齢差のある稲門会は他に例がないと自慢できると存じます。

   ここで2点報告をさせて頂きます。
   1点目は、「総長選挙制度について」です。総長選挙の透明性を高め、候補者の将来ビジョンが評価できる選出方法にするということで、推薦委員会を廃止して立候補による選出とする。本学を支える校友の学校運営に対する参加意識を高めるため、学外選挙人を増員する。そのために商議員全員を選挙人に組入れることを検討しています。
   2点目は、「東京23区支部支部長制度について」です。23区連合から始まりました支部長区単年度輪番制は2017年で葛飾稲門会の担当で一巡します。この機に他支部や校友会の要請で4年任期とします。今後はブロック毎順番に4年任期で23区支部の運営を担うことになります。現在、各区稲門会は第1~3の3つのブロックに分けられています。目黒は第3ブロックに所属し港・品川・大田・世田谷・渋谷・杉並・目黒の7区で構成されています。 因みに、目黒稲門会は、23区連合から支部長制度に移行の時期に創立し、初めの23区支部支部長に初代眞仁田会長が就任致しスタート致しました。 実際に運営してみて生じる問題を解決しながら進めることになろうかと存じますが、ブロック内各区稲門会間の緊密な連携が必要になります。 実施は、移行期として、Ⅰ期2年(2018~2019)担当・第2ブロック、Ⅱ期4年(2020~2023)担当・第3ブロック、Ⅲ期4年(2024~2027)担当・第1ブロックの順の輪番制になります。 今後の23区支部の活動、特に第3ブロック内近隣稲門会とより連携を深めた活動が必要になります。会員各位のご理解とご協力をお願いします。

  もう一つお願いがございます。本会をさらに充実させるためにも会員の増加が必要です。事務局としても一層の努力を続けて参りますが、皆様の口コミが一番強力な武器と言えます。周りの先輩、後輩また、ご近所の校友に再度、再々度のご勧誘をお願い致します。

   会員各位の熱意により、部会活動の活性化、新規部会活動の構築、ボランティア活動、校友会および他地区稲門会との交流等、大過なく進めることが出来ました。ひとえに会員の皆様とご家族のご理解、ご協力そして他稲門会や校友会のご指導の賜物と心より御礼申し上げます。 役員一同さらに知恵を絞り、より楽しい稲門会ライフを目指す所存です。暖かいご支持とご協力をお願い致します。    

   おわりに、皆様のご健康を祈念致しまして挨拶とさせて頂きます。

平成29年7月          
吉田 博行            
(昭和42年政経学部卒)