早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 会長あいさつ

会長あいさつ


yoshida    皆様、明けましておめでとうございます。

   年末から年頭に様々なニュースが飛び交いました。 世界はどう変わるのだろうか。 はたまた日本は? 東京オリンピック・パラリンピックは無事開催できるのだろうか、豊洲への移転は、等々心を痛める話題は尽きません。

   母校・早稲田大学は「Waseda Vision150」の実現を目指し教育改革、研究力の強化、校友・社会と連携した事業等、大学運営の大改革、を推進しています。    入学式・卒業式の会場、1964年東京オリンピック・フェンシングの競技会場として利用された思い出のある記念会堂は、「早稲田アリーナ」としてスポーツミュージアムや学習スペースなども併設さした多機能型スポーツ施設に変貌します。 また教育面でも洞察力と人間力に溢れたグローバルリーダーの育成を目標に世界各国から5,000人の外国大学生が学び、3,300人以上の早大生が海外に留学しています。 我々は母校の活動に微力ながら出来る限りの応援をしてゆきたいと存じます。

   お陰様で昨年は、皆様のご協力で13ある部会活動は、新年の七福神巡り、目黒サクラ基金への寄付、春秋の早慶戦、筍狩り、美術鑑賞、囲碁、俳句、麻雀さらに目黒シティランや稲門祭への参加等々、多岐に亘って展開して参りました。 ご参加、ご協力頂いた会員の皆様に御礼申し上げます。

  本年はさらに部会活動の充実を図り、より参加しやすい、楽しい部会にすべく関係者一同努力をして参ります。 多くの会員の参加により、部会活動はより盛んになります。 まだ部会活動に参加されていない皆様、お誘い合わせの上積極的な参加をお待ちしています。 新しい部会活動の提案も歓迎致します。

   会員の構成年齢が毎年上がっています。 本会は入会のご案内を校友の皆様に送っていますが、その効果はまだまだの状態です。 皆様の周囲にいらっしゃる、まだ入会していない校友にお口添えをお願い致します。 口コミの勧誘が一番効果があります。 会の発展のためにもご協力宜しくお願い致します。

   おわりに、校友とご家族の皆様のご健勝と、ご多幸をお祈り致しまして新年のご挨拶と致します。

平成29年1月          
吉田 博行            
(昭和42年政経学部卒)