ホーム > 会長あいさつ

会長あいさつ    


yoshida    新年 明けましておめでとうございます。

   昨年はいろいろとご協力を賜り有難うございました。お陰様で大過なく乗り切ることが出来ました。皆様のお陰と改めて御礼申し上げます。

   国内外で様々なニュースが飛び交いました。景気はどうなるのか、国際問題はどう展開するのか、解決の道程はまだまだ先ではないでしょうか。

   本年は「戊戌(つちのえいぬ)」年です。12年に一度巡ってくる干支の11番目の戌と十干の60年に一度巡ってくる戊の「戊戌(つちのえいぬ)」年になります。この年は良い事、悪いことがはっきりと分かれる年だそうです。良い1年にするためには、常に前向きに、新しい目標に向かって努力すること、出来ることはしておく事に心掛けることが必要だそうです。

   母校早稲田大学は「Waseda Vision 150」によるグローバルスタンダードに基づいた諸改革が一歩一歩進んでいます。総長選挙を立候補制にし、教職員校友など早稲田を支援する人々が幅広く総長選挙に参加することを目指し、大学運営に参加意識・当事者意識を持たせるため商議員・維持員・賛助員に投票権を持たせるように改革して行きます。あの記念会堂は早稲田アリーナとして生まれ変わり2019年3月に完成予定です。母校の評価もQS社の大学ランキングで2年連続国内第1位、世界でも26位と評価され、東洋経済社の「本当に強い大学」ランキングにおいても国内2位と評価されています。

   さて本会が所属する東京23区支部は、支部長任期を単年度輪番制が1巡することに合わせてブロック4年輪番制に移行し、支部及び各区稲門会が校友会組織全体の中で活動を行う枠組みにする支部新体制に移行します。目黒稲門会は、来年(2019年)は20周年の櫛目の年になります。ますます充実した会の運営を持って、諸先輩が18年間積み上げられた実績に恥じることのないように努力してゆかねばなりません。そのためには、各部会の活発な活動、新しい会員の増加等、関係各位の皆様のご理解と応援が必要です。

   おしまいになりましたが、会員そしてご家族の皆様のご協力とご理解をお願い致しまして、ご挨拶と致します。

平成30年1月1日          
吉田 博行            
(昭和42年政経学部卒)