ホーム > 目黒銭湯巡り

目黒銭湯巡り


 会報第79号から新企画「目黒の銭湯巡り」をはじめました。目黒区内の銭湯を主に若手会員
に探訪していただくものです。銭湯の値段など皆さんはご存知ないでしょうが、460円です。
 銭湯は江戸からはじまったものです。当時は湯屋と言っていました。湯銭は十文でした。今
の値段にすると300円くらいです。江戸の街は今のように舗装されていませんので、土ぼこり
がひどく、湯に入るのは必須のものでした。防火のため内湯は寺社、武家、大商人にしか許さ
れていませんでした。
(猪名川 記)

目黒区銭湯一覧


   
   
   

   ※:オレンジ色の銭湯は今後掲載予定です。


文化浴泉


 目黒区内には11の銭湯がある。昔ながらの銭湯から洒落たデザイナーズ銭湯まで様々だ。
時代が移り、街の風景も変わる中、今日もどこかの街角で湯壺に憩いの湯をたたえているの
である。一日の終わりに湯に浸かってくつろぐ時間は格別だ。みなさんも、ほぼ毎日のよう
に風呂に入られると思う。
 自家風呂保有率が100%に近い現代において、銭湯は年々減少している。そんな中、あえ
て自分の人生にとって拠り所ともなるであろう、この目黒の地において、ゆったり湯めぐり
を楽しんでみたいと思う。さて、多くの人が自宅で入浴できる現在、銭湯は地域に根ざして
癒やしと健康づくりの場を提供する存在となっている。私は大きな湯船と多彩な泉質を楽し
みに温泉やスパに行くのが好きなのだが、おもしろいことにそのような入浴施設というもの
は見事に地域の特色、住民の気質というものを感じ取ることができる。
 今回は区内北部の「文化浴泉」に行ってみた。モダンな外観のデザイナーズ銭湯だ。池尻
大橋駅から歩いて5分。天空庭園や首都高を仰ぎ見る目黒川上流の場所にある。
 この辺りは小学生のころ塾のテストを受けるために通い、20代のころ道玄坂のベンチャー
企業への通勤に通ったせいか、個人的には最もなじみ深い目黒の街である。芸能事務所の多
い中目黒やベンチャー企業が集まる渋谷が近いために関係者が多く住んでいる。地元の人も
若いクリエイターやモデルさんらとの距離感に慣れ、普通の隣人として扱う文化がある。
この文化浴泉もそうだが、居心地の良い店が住宅街と混在している。そんな地域の空気感を
感じ取れる、比較的若い人が多い銭湯である。


笠谷興一朗(平成18年 文)/会報第79号掲載

光明泉


 中日黒駅から徒歩3分の好立地。
光明泉は、中目黒に親子三代で営む、いわゆる街の銭湯です。2014年3月にリニューアルオー
プンして今に至ります。
 私と光明泉との出会いは、ある時、中目黒で飲みに行く途中でふと「一風呂浴びてからのビ
ールのほうが美味しいのでは」と立ち寄ったこと。数年来のファンです。
 ここの目玉はなんといっても、東京都心では珍しい露天風呂。もちろん外から見えないよう
に壁に囲まれていますし、男女週替わりでの利用ですが、3階テラスの露天風呂で風に吹かれ
るのは良いものです。室内の炭酸泉、人工ラジウム泉は、筋肉痛や神経痛に効能があるとか
で、熱すぎずゆっくり温まります。
 数ある目黒区内の銭湯の中でも、おそらくもっとも年齢層が低いのではないでしょうか。
ヘアサロンや雑貨店などが並ぶファッション発信地そしてEXILEの街でもある中目黒には、
実は夢追い人が多く歩く街でもあります。ダンスレッスンの帰りに一風呂浴びて描る、とい
った数人のグループも。実際、パトントワリング練習帰りの友人に出くわしたこともありま
した。もちろん家族連れやシニアの方もいます。
 銭湯にくるような人たちは、年齢・属性問わず最低限のマナーと協調性を備えていると見
えて礼儀正しく譲り合ったり、挨拶をかわしたりしています。好きです、銭湯にくる人たち。
 ご訪問の際は、オレンジ色に光る看板を目印に探してみてください。オレンジ色は、お客
様のみなさまの心と体を癒すシンポルカラーとのことです。


石川智子(平成07年 文)/会報第81号掲載

鷹番の湯


 目黒区内には11軒の銭湯があるが、天然温泉と銘打っているのはここ鷹番の湯くらいである。
目黒区HPには『目黒の至福、鷹番温泉、都会の手軽なクアハウス銭湯遂にここに極まる。』と記さ
れている。都内の天然温泉というとほとんどが茶褐色・琥珀色の湯だが、ここの湯は無色透明であ
る。本当に天然温泉なのか少々疑問に思い、失礼とは思いながら店主にいろいろお聞きした。おま
けの情報も含め次のようなことが分かった。
   
 ①目黒区内で唯一の天然温泉銭湯
 ②珍しい二階建て銭湯・無料駐車場付き
 ③料金460円のミニスーパー銭湯
 ④店主および二人のご子息は早大卒
   
 ここの湯は温泉法に則った無色無臭のメタケイ酸冷泉で、店主から最新の成分分析書も見せて頂
いた。浴場内には天然温泉表示看板もある。メタケイ酸は新陳代謝を促進し、お肌をつるつるにす
ると言われている。即ち、ここはまぎれもない天然温泉である。
 銭湯というと平屋建てで、左右に男湯と女湯を固定的に配したものが多いが、ここは二階建てで
男湯と女湯を日替わりとしている。店主によると駐車場のスペースを確保するため二階建てとした
とのこと。2時間無料の駐車場が5台分あるのもうれしい。
  
  
 各種ジャグジー風呂、露天風呂、サウナ(別料金)、広めの休憩室を備え、料金460円のミニス
ーパー銭湯の感がある。特にエステバスは都内でも有数の強力なジェット噴射パワーだと店主が自
慢していた。
  
小杉 哲(昭和41年 理工)/会報第82号掲載 

大黒湯


 私が住んでいる蛇崩(じゃくずれ…上目黒5丁目界隈)から中目黒に向かう道中(蛇崩・伊
勢脇通り)に2軒の銭湯がありました。1軒目は、寿湯さん。蛇崩交差点に隣接しており、こ
どもの頃から何度も利用させていただき、庶民の銭湯として愛されておりました。残念なこ
とに今年早々に店じまい。今は、コインランドリーのみで営業されております(写真右)。
 さて、今回の銭湯は、もう1軒の大黒湯さん。中目黒から散歩に程よい距離にある創業昭和
28年の大黒湯、蛇崩川緑道の緑やそれぞれの季節の花々を楽しみながら歩いて向かうのもい
い。大黒湯の目印は、創業時からある松の木、それとどこか昭和の香り漂う大黒湯は、懐か
しい思い出がよみがえる感がありました。銭湯は、2つの湯船に壁画は富士山。閉店した寿湯
とも造りは似ておりましたが、特徴的だったのは木桶と椅子(檜かな)とお湯のコラボレー
ション、ほのかな香りが致しました。そしてさらに、タイルやガラスは綺麗に整備されており
ました。ご主人、女将さんがいかに、この銭湯を大切にしているかが伝わって参りました。
お湯かげんは、やはり少し熱めでしょうか。日頃スーパー銭湯ユーザーである私にとっては、
熱いなと。でも心地良かったです。入浴後は、こどもの頃これが楽しみだった。コーヒー牛乳
を飲むこと。これも試して、小学生時代を追想しました。消えてゆく東京の銭湯一軒、一軒に
歴史がありドラマがあると、つくづく思います。今は、各家庭にお風呂は完備されている中、
たまには地元の銭湯に行き、昭和の時代に思いを馳せるのも、いい時空間の過ごし方かもしれ
ない。

  

山内 宏(昭和56年 教育)/会報第80号掲載