早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 会員ギャラリー

会員ギャラリー


兵馬俑 ー先導立車ー

この絵画は2012年に上野・東京都美術館で開催された「第59回日府展」への出品作で、F100号、油彩画です。
同展では「努力賞」の栄を頂きました。
2000 余年の眠りから掘り出され、復活した威厳の中にも地味なモチーフに敬意を表わして、雛飾りを模した緋毛氈を配しました。
(会報第69号掲載)
                         服部尚彦(昭和35年 理工)

十月桜

撮影日:2015年11月7日
場所   :新宿御苑
新宿御苑には10月始めに咲き出し年を越して4月始めまで咲き続ける桜があります。子福桜と十月桜と冬桜です。 新宿門の近くにある子福桜を通り過ぎて少し行った所に十月桜があります。少し小さいが写真の様に立派な花を咲かせています。
(会報第70号掲載)
                  高野 孝(昭和39年 理工・土木)

シチリア島 シラクーサの船着き場

出展作は、昨年 3 月半ば 、南イタリア シチリア島に出掛けたときに描いたもので 、場所は海に囲ま れた街シラクーサの船着き場 、明るい地中海の太陽と青い海を描いたつもりであるが 、果たしてうまく 表現できただろうか? メリハリと躍動感あふれる絵をこれからも描いてゆきたいと思っている。 (会報第71号掲載)

                              大杉邦男(昭和40年 法)

桜とインコ

撮影日:2016年3月1日午後2時頃
場所   :林試の森公園
公園の東側にかなりの本数の河津桜があり満開でした。 カメラを桜に向けていると、鳥が数羽桜の花びらを突っついていたように見えました。 鳥は公園の看板に絵で「ホンセイインコ」と説明してありました。

                           吉田博行(昭和42年 政経)

東京・お・も・て・な・し

  2020年東京オリン ピック決定の頃、隅田川の川下りをし、川に癒され色々な橋のデザインに感動し1枚の絵に東京全体と隅田川の20数本の橋を描きたくなりました。有名な所を目印に描き、縦の絵を横にすると富士山、高尾山、浅間山など関東平野の広がりを持たせました。アルファベットで大学を表し、中心に皇居、東京駅そして内堀・外堀のあった所、黄緑は庭園、レインボーブリッジ、右端下は東京ゲートブリッジの一部など、できるだけ忠実に色鮮やかに明るく表現しました。遠くから見ると女性の横顔みたいで、隅田川が長い髪みたいに見え、おもしろい絵になりました。 出来上がった時、とても楽しく嬉しかったです。(会報第72号掲載)
                              佐伯文子(昭和51年 文)

足立美術館・雪の名園

  目黒稲門会旅行部会で2016年1月24日と25日に一泊二日で「出雲大社初詣」の旅行をしました。
何十年振りの大寒波が訪れ、大雪をともなう大暴風雨の天候でしたが、幸運にも予定通り、鳥取砂丘、足立美術館の見学と出雲大社参拝をすることができました。この写真は、旅の目玉でもある「足立美術館」の日本一の枯山水庭園を撮ったもので、雪景色には感嘆するばかりです。
(会報第73号掲載)
                           大野利幸(昭和35年 理工)

死の樹海

  2015年1月、17回で富士山のすそ野を一周するウォーク・ツアーに参加、2016年2月の15回目に青木ヶ原樹海を散策しました。この時に出会った風景を水墨画作品にしたものです。 樹海は、約1,200年前の富士山噴火による溶岩流の上に形成された原生林で、林床の草木やコケ植物も発達して独特の景観をつくっています。 深い森は小動物、鳥類、さらに昆虫類など生物の格好のすみかともなっています。 雪により多くの生命は確認できませんが「死の樹海」は、実際「生命の宝庫」となっています。(会報第74号掲載)
                           牧野武夫(昭和40年 理工)

中目黒のサクラ

  2017年4月2日に目黒稲門会若木会主催のお花見会に参加した時の写真です。大橋方面に向かう目黒川沿いの狭い道はサクラを楽しむ人々であふれていたため写真を撮るのに苦労しました。

                           大野利幸(昭和35年 理工)









早春の等々力渓谷

  目黒稲門会ウォーキング部会で 2017年2月21日に東急大井町線等々力駅から等々力渓谷、九品仏浄真寺を経由して自由が丘駅まで歩きました。 等々力渓谷は、東京都教育委員会の案内板によると国分寺崖線の最南端に位置する延長約1キロメートルの都内唯一の渓谷で、谷沢川が国分寺崖線に切れ込んで侵食したもので、台地と谷との標高差は約 10 メートルあり、渓谷の斜面には、武蔵野の代表的な樹木であるケヤキをはじめ、シラカシ、コナラ、ヤマザクラ、イロハカエデなどとともに、常緑シダ類のような湿性植物が繁茂して










    

おり、渓谷内には至るところから湧水が出現しています。
   この写真は、日本庭園に隣接した保護樹林の樹木の一部を撮ったもので、常緑樹の間から注がれる自然光の美しさと、快い渓流の水音に感嘆しました 渓谷を出て丸子川沿いを歩くとの木々と、次の出番を待つサクラの木々で彩られた早春の景色が待っていました。(会報第75号掲載)

                           大野利幸(昭和35年 理工)









                           
                           
                           
<作品募集>

   絵画・書・写真・工芸等、会員の皆さんの傑作・力作を掲載します。日頃の腕前を是非ご披露
   下さい。作品と同時に、エピソード等のコメントも一緒に掲載します。作品を写真撮影の上、
   コメントを付記して事務局あてにメールにてお送り下さい。
   皆様のご出展をお待ちしています。