早稲田大学校友会東京都23区支部

  ホーム > 部会紹介 > 旅行部会

旅行部会


 今後の予定    

・平成29年12月10日(日)~12日(火)
   『由良温泉と銀山温泉に泊まる2泊3日の旅』
   ~湊町酒田・最上川遊覧・出羽三山・羽黒山~
   募集人員:12名
   申込先   :井村部会長まで。

   詳細:こちらをご覧ください。





 実施報告

・平成29年06月16日~17日 小豆島としまなみ海道の旅(小豆島泊)   参加17名
       旅行部会は小豆島温泉としまなみ海道の旅(1泊2日)をクラブツーリズムの企画を一部買い取
    る形で実施しました。(会員とその家族17名参加)
       2017年6月16日(金)8時半に羽田空港に予定通り全員が集合した。今回の旅行は島巡りの旅(海路
    および橋路)だが、出発起点の高松空港から最終目的地の松山空港まで松山から来た同じ観光バスで
    まわった。高松空港から30分ほどで高松港に着き、フェリーで瀬戸内海を約1時間遊覧し小豆島の
    土庄(とのしょう)港に着いた。瀬戸内海だけあってまったく揺れなかった。
       小豆島というとオリーブ、醤油および「二十四の瞳」を思い浮かべる人も多いが、まずオリーブ
    園を見学した。ここには1908年日本最古のオリーブ原木が植えられたとのことで、それを1917年
    に接木した二世の古木が現存していた。オリーブ林等を見物後、売店でオリーブオイル等を購入し
    たが、よくラベルを見ると原産地はスペインとなっていた。
       次に、名産の醤油を活用した佃煮店に行った。小豆島には約20の醤油会社がある由。醤油の歴史
    は400年前にさかのぼる。当時小豆島は良質の塩の産地であり、しかも温暖な気候風土が醤油づく
    りに適していたため一時は400もの醤油蔵があったとのこと。 翌日ホテルの朝食で10種類もの醤油
    が用意されていたのには驚いた。
       小豆島は作家壺井 栄の故郷で、「二十四の瞳」のロケ地となり二度映画化された。撮影現場の
    一つである岬の分教場「田浦分校跡」を見学後、ロープウェイで日本三大渓谷美(ここと耶馬溪およ
    び妙義山)と言われる景観を約15分楽しみながら寒霞渓(かんかけい)に登った。 ここには『1億円
    のトイレ』と銘打った特に変哲もない便所があるが、その中で記念写真を撮る輩もいた。
       宿泊はフェリーターミナルの真ん前の小豆島温泉オーキッドホテル。ここの温泉は無色透明だが
    舐めるとしょっぱかった。夕食は他の団体客とは別の部屋で、名産の鯛を使った鯛づくし膳。参加
    者には酒豪も多く、ビール、焼酎だけでなく日本酒も40本弱と盛大な宴会であった。 酒の代金は
    無論割安なツアー代には含まれていないが、名幹事である部会長の合理的な判断で、飲酒量に応じ
    て A、B、C とグループ分けして翌朝料金徴収された。ただし小生等4名はスーパーAとランク付け
    されて割増し徴収されてしまった。
       翌朝、またフェリーで土庄港から新岡山港まで約70分の瀬戸内海の静かな遊覧。 新岡山港から
    因島に山陽自動車道経由約2時間で着く予定で車を走らせたが、途中でガイドさんから『しまなみ
    海道が事故で交通止めとなっており、場合によっては松山まで行けないかも知れない』とのアナウ
    ンスがあった。
       どうなることかと一同心配したが、幸い、しまなみ海道(正式名称は西瀬戸自動車道)最初の橋で
    ある新尾道大橋に差し掛かるころ、事故の影響が解消されつつあるとアナウンスがあった。因島
    水軍城に行くため因島大橋を渡り一般道に出ると、反対車線は通行止めの影響がまだ残っており
    長蛇の車列であった。因島水軍城は高台にあり炎天下で多くの石段を登るのはかなりきつかった。
       水軍城を見学後、生口橋多々羅大橋を渡り広島県から愛媛県の大三島に移動し、大山祇(おお
    やまづみ)神社に参拝した。ここは全国に数多くある大山祇神社の総本社で、多くの国宝とともに
    樹齢約2600年の楠がパワースポットとされている。 次に、この島にある伯方の塩工場で製造工程
    を見学した。小学校で習った瀬戸内の塩田を想像していたが、輸入した原塩を瀬戸内海の海水に
    溶かし、それを煮詰めて竹製の台の上で乾燥するとのことであった。
       大三島橋伯方・大島大橋を渡り大島の亀老山展望台でしまなみ海道最後の橋の来島海峡大橋
    を一望。ここは新国立競技場をデザインした隈 研吾氏の設計で、外部からはほとんど見えず周囲
    の景観にダメージを与えないよう配慮された由。(下線したのはしまなみ海道全ての橋の名称)
       四国本島に入り、しまなみ海道終点の今治 IC の手前では、今話題の獣医学部新設大学の建設
    現場を車窓に見ることができた。今回のガイドさんは非常に機転の利く名ガイドで、今回の旅行
    を盛り上げた功労者だと参加者の多くが認めていたが、この大学への期待を熱く語った時には
    少々複雑な気持ちになった。松山空港から予定通り夜8時半に羽田空港に着き、解散した。井村
    部会長はじめ参加された皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。
    (小杉 哲 記/会報第76号掲載)


小豆島としまなみ海道の旅(スライド34枚)
   

・平成28年11月 オホーツク絶品グルメ 北海道の宴 2日間の旅(猿払泊)   参加15名
      旅行部会は1泊2日でオホーツク海絶品グルメの旅を会員とその家族15名でクラブツーリズムの
 企画を一部買い取る形で実施しました。
    勤労感謝の日の2016年11月23日10時半羽田 空港に予定通り全員が集合した。当日は強い寒気
 が日本列島上空に入り、北海道は大雪となった。思わず、2013年1月25日~26日の旅行部会旅行
 『厳冬の北海道オホーツク海を望む一泊二日の旅』で飛行機が雪のため欠航となり、新千歳空港
 から6時間 もかかってバスで紋別市にたどり着いたことを思い出した。我々の便は11時20分発の
 オホーツク紋別 空港行だが『、場合によっては羽田に引き返す』との 空港内アナウンスもあり、
 実際隣のカウンタの釧路 行きは欠航となっていた。1時間遅れで出発したが、紋別空港は強い
 吹雪で着陸直前の機体の揺れには皆 が驚いた。飛行機のタラップからターミナルビルまで
 約100m歩く間も地面を這うような吹雪にたじろいだ。今回は無事紋別に着けたが、後で井村旅行
 部会長の奥様に聞いた話では、紋別に行けなかった場合に熱海温泉や横浜中華街へ行く代案を部
 会長は羽田空港出発前に検討していた由。いつもながら部会 長のご苦労には頭が下がる。
    空港から宿泊地の猿払村までは我々を含む40名の貸切バスで絶景のオホーツクロードを約3
 時間。途中流氷岬に立ち寄ったが、流氷を見られるのは1月下旬以降とのこと。宿泊は猿払村唯一
 のホテルである「ホテルさるふつ」。今回の旅行の目玉はグルメ で、夕食は毛ガニ1杯、ズワイ
 ガニ半身、タラバガニむき身のカニ満喫御膳と肉厚天然ホタテ、宗谷牛と超デラックス。毛ガニの
 食べ方をホテル支配人が 説明しにきたが、自分の分の解体を支配人にお願いして楽をしたつわもの
 も居た。猿払村は最北の地稚内市の南東でオホーツク海に面し、北海道の村で一番大きく、ホタテ
 の水揚げは日本一。『貧乏見たけりゃ猿払へいきな』と言われた村が、ホタテの稚貝放流で豊かな
 オホーツク地域づくりのリーダーとなり 北海道で一番豊かなところになった(税務署が集計する
 納税義務者1人当たりの所得)。夕食後無料のカラオケルームに移動して得意な歌を披露しあった
   が、我々の貸切状況であった。
    朝食はイクラを自分でかけ放題の丼。ホテルの人の話では、今年はサケが不漁でイクラの値段が
 異常に高くて困っているとのことだったが、それを無視 し空になったボールに追加のイクラをお願
 いして2杯目の丼にイクラを山積みするつわものも居た。ま た、猿払村村営農場の牛乳の濃厚さは
 まるでクリー ムみたいであった。
    8時にホテルを出発し、ラムサール条約にも指定 された湖で白鳥の飛来地でも有名なクッチャロ
 湖、紋別市ゴマちゃんランドでのゴマフアザラシショー、オホーツク流氷科学センターでのマイ
 ナス20℃の厳寒体験や氷漬けにしたオホーツクの魚等いろいろ 見学し、予定時刻に紋別空港に
 到着した。しかし今 度は東京が54年ぶりとなる11月の初雪。羽田・紋別便は1日1往復で、無論
 予備機など無く羽田発が 欠航となれば紋別でもう一泊だとバスガイドに驚か された。幸い1時間
 遅れで羽田にたどり着いた、グルメと雪を満喫(振り回された)楽しい旅行でした。 井村部会長
 はじめ皆様に大変お世話になりました。 (小杉 記/会報第74号掲載)


                         
         
                 
    
         
                 
                 
         
         
         
         
         

・平成28年01月 出雲大社初詣(三朝温泉泊)
   旅行部会は1泊2日で出雲大社初詣と足立美術館を訪ねる旅を会員とその家族12名でクラブツーリズ
   ムの一部買い取りで実施しました。1月24日(日)~25日(月)は何十年振りの大寒波が予想され 、特
   に西日本の日本海側は大雪をともなう大暴風雨になるとテレビ 、新聞は大騒ぎしていました。前日
   には私もツアーキャンセルになるかと覚悟を決めていましたが 、集合場所に行ってからでなくては
   状況は分かりません。参加者全員がそう思っての出発当日の24日でした。
   経由地の岡山へ着いてからもこの心配から逃れられませんでした。ところが「あにはからんや」、
   必要な時はいつも晴れ、その上、翌日の帰京便も出雲からの直行便となり、時間の余裕と早く帰れ
   る「運」の強さを全員が持てた旅でした。
   1月24日(日)
   午前11時、日本航空233便にて経由地岡山へ出発。12時20分着後、他の参加者27名と合流し、バス
   ツアーがスタートしました。最初に目指すは鳥取砂丘。山陽道、鳥取自動車道経由で3時過ぎ着。
   長靴に履き替え寒風吹きすさぶ日本海を見ながらの「鳥取砂丘」見学は顔が冷たさに痛く感じま
   した。


雪の鳥取砂丘

   見学後、夕食のため兵庫県浜坂漁港へ。雪道により30分の道を80分かかっての到着。料理屋の一階
   は売店となっていて、松葉ガニが 1杯8,000円から10,000円で売られているのを見て、これからこ
   れを食べるのかと思うと心躍るばかりであった。
   料理は「 松葉ガニのフルコース」プラス「鮑の踊り焼き」に全員カニを贅沢に食べ尽くして大の大
   満足。夕食後、雪道を 90 分かけて「名湯三朝温泉」へ。三朝ロイヤルホテル泊。
   1月25日(月)
   7時45分ホテルを出発。山陰自動車道へ出るまでは雪道をそろりそろりと運転。安来市出身の足立
   全康創設の「足立美術館」まで2時間の行程。 美術館は旅の目玉でもあり日本一の枯山水庭園は雪
   景色に感嘆するばかり。
   横山大観、川合玉堂、上村松園をはじめ近代日本画壇の巨匠たちの作品や、北大路魯山人、河井寛
   次郎らの陶芸作品に息をのむばかりで70分の見学時間はあまりにも短い時間でした。

  
雪の足立美術館庭園

   見学後、山陰道をさらに一時間、宍道湖を右の車窓に見ながらツアー最大目的地「出雲大社」へ。
   途中、添乗員より帰路は出雲空港からとのことに全員大喜び。大社参拝を案内人とともに無事済ま
   せた後は約2時間の小雪舞い散る自由時間を食事に、買い物にと大いに楽しむことができました。
   再び中国山地を山越えかと一寸暗い気持ちが、空港まで40分と「ラッキー」な気分になり、全員
   ウキウキとなりました。また、空港でのお土産時間をとることも出来ました。午後4時30分発 JAL
   284便にて帰京。6時過ぎに羽田空港着後解散。心配をよそに「結果オーライ」の旅を楽しむことが
   出来ました。

  
出雲大社本殿前

・平成26年11月 三陸海岸への旅(宮古市崎鍬ヶ崎泊)

・平成26年04月 桜ツアー(南木曽温泉泊)

・平成25年10月 伊勢・豊川茜神社と伊勢神宮参り(松阪市内泊)

・平成25年01月 厳冬のオホーツクの旅(オホーツク温泉泊)